松任谷由実『タワーサイド・メモリー』

2016年8月25日音楽

初恋は、過ぎ去ってからはじめて、その人を本当に愛し始めるのではないか、と思う。

恋の中にいる時は、ただただ、側に居られるだけで幸せ、目が合うだけで嬉しくて、はしゃいだり、落ち込んだり、自分の感じる気持ちがすべてで、相手のことなど本当は見ていない。

そうして恋が終わり、何もかもが懐かしく感じられるようになってはじめて、その人の優しさに気付く。

あの言葉も、あの眼差しも、そういう意味だったのだ──とようやく理解した時、皮肉にも、愛を伝える機会は永遠に失われているのだ。

 
そう思うと、どうして、もっと強く、気持ちをぶつけ合えなかったのだろう。

好きなら「好き」、失いたくないなら「失いたくない」と、どうして言葉にしてはっきりと相手に伝えなかったのだろう。

傷つくことばかり恐れて、自分のホントの気持ちさえ見失っていた。

愛し方も傷つき方も分からなかったから、あの頃は──。

*

ユーミンの『タワーサイド・メモリー』を聞いていると、「恋すること」、それ自体が、どれほど素敵な心の体験か、今さらのように思わずにいない。

でも、恋の最中では、相手の気持ちとか、二人の運命とか、そういうことばかり気になって、だんだん心の体験としての恋を実感できなくなってしまうんだな。

そして、後々になって、ああ、あの素敵な一瞬を、どうして笑って過ごせなかったのかと心残りに思う。

もっと、あの人の声、あの人の笑顔、仕草の一つ一つを、深く、強く、心に刻みつけておけばよかった、と。

懐かしんでも、すべては時の彼方で──。

あの時 さらって くれたらいいのに

「ごめんね」なんて 言って欲しくない。

痛みの中で知ってゆく。本当の、人の愛し方──。

CD

一部ファンの間ではユーミンの最高傑作と称されるアルバム。
その後のヒット曲とも、荒井由美時代のヒット曲とも一線を画したような、透明感あふれる作品がいっぱい。
幸福感はないけれど、若い女の子の心の底をノックするような、切ない歌詞が秀逸。
ユーミンのベストセラーもたくさんありますが、これだけは別格です。

Photo : http://find-travel.jp/article/29379