荒井由美『曇り空』

ユーミンのカセットテープ(昔はこう呼んでいた)を作る時、必ず一番最初に吹き込む曲がある。

それは『曇り空』。

「荒井由美」さんだった時代の作品で、伝説のデビューアルバム『ひこうき雲』に収録されている。

煙るようなモノトーンのイントロからぐいぐい歌の世界に引き込まれてしまう。

派手なフレーズがあるわけでもなく、凝った歌詞が並んでいるわけでもない。

朝、目覚めた時の気持ちを、ぶつぶつ綴ったような何でもない曲なのだけど、何度聞いても「飽きる」ということがない。

「そうだ、今日はユーミンを聞こう」と、数あるカセットテープの中から『ユーミン・ブランド』と背中に書かれたケースを取り上げ、デッキにセットして、PLAYボタンを押す。

二階の窓を開け放したら 霧が部屋まで流れてきそう

それはまるで「曇り空」そのもの。

煙るような淋しい日にも、こんな優しい瞬間があったのだ──と思い出させてくれる。

人は孤独や哀しさを嫌うけど、それも人間の美しい感情の一つだと思えば、生きることがいとおしくなる。

きまぐれだって おこらないでね
本気で好きになりそうだから

約束だけは気にしてたけど
急にやぶってみたくなったの

誰かに強く引き寄せられながらも、ふと背中を向けたくなることがある。

もっと自分を知って欲しいのに、これ以上踏み込まれるとかえって辛く感じられる瞬間だ。

それを「きまぐれ」と言われたら、そうかもしれないし、振り回される方はたまったものじゃないと思う。

でも、それぐらいの我が侭は許してよ……と、甘えられるのはアナタだけ。

人を好きになるのは、せつないこと。

だから余計で距離を置きたくなる気持ち、分かるような気がする。

昨日は曇り空。外に出たくなかったの

シンプルな言葉とフレーズの繰り返しなのに、なぜこの曲はこんなにも心に染みるのだろう。

まるで水に溶かしすぎたような水彩画のように、ぼやけて見える窓の向こう。

曇っているのは涙のせいじゃなく、今すぐ誰かに愛されたいわけでもない。

ただ、何となく、一人のままこうしていたい──。

* 

そういう心象風景を描いた、傑作だと思います。

世代を超えて聞き継がれるユーミンのデビューアルバム。
アコースティックでシンプルな作りがら、胸が痛くなるほど映像美にあふれ、彼女の歌に自分の青春を重ね見ない人はないのではないかと思う。
「雨の街で」も泣かせる曲。
ほっとしたい時、優しい気持ちになりたい時に聞きたいアルバム。

Leave a reply: