愛は求める人のところにやって来る

愛は求める人のところにやって来る

「素敵な恋がしたい」「彼氏が欲しい」と願うことは、時として、非常に恥ずかしく、勇気のいることかもしれません。
その為に、人から物欲しげに見られるのではないか、淋しい女と思われたらどうしよう、等々、周りの目も気になるところです。

しかし、自分が真に求めるものについて、心に強く願うことはそんなに恥ずかしいことでしょうか。
学業や仕事に関する目標だけが、人生の全てでしょうか。

「愛し、愛されたい」──それもまた人生の立派な目的の一つです。

ただ形として表現しにくいだけで、「愛に満ち足りた人生」に最高の幸福を見いだすのも一つの生き方だと私は思います。

あなたが真に欲するものが「愛」ならば、それを心に強く願いましょう。

どうしたら愛し、愛される幸せが手に入るのか、真剣に考えた人にだけ、それにふさわしい道が開けてゆくからです。

恥ずかしいとか、格好悪いとか、自分の本当の求めから目を背けてばかりいると、あなたの人生は思わぬ方向にどんどん逸れて、何をやっても満たされない、疲れや不満の固まりになってしまうでしょう。

幸福は、自分自身に宣言するところから始まります。

たとえ時間はかかっても、自分が真に求めるものにひたすら歩き続けた人だけが、本当の意味で満ち足りた人生を送れるのです。

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.blog/oya-book

Scroll Up