鳴かぬなら それもまたよし 我が子なり

鳴かぬなら それもまたよし 我が子なり ~松下幸之助流の子育て

戦国三大武将の性格を表す句といえば、

織田信長 『鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス』

豊臣秀吉 『鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス』

徳川家康 『鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス』

この三句が非常に有名ですが、あの天下の松下幸之助さんは、次のように詠んでおられるそうです。

松下幸之助 『鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス』

この喩えは、よく中間管理職のセミナーで使われるそうですが、これって、サラリーマンだけでなく、子育てにも共通していると思いませんか。

母親には、「鳴かせてみよう」タイプと、「鳴くまで待とう」タイプと、二通りあるような気がします。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。