「結婚について考える」ということ

「結婚について考える」ということ

「結婚について考える」と言うと、多くの女性は「どんな男性が結婚相手としてふさわしいか」の問題と捉えがちですが、本当の意味は、「結婚を通じて、どんな生き方をしたいか」を思い描くことです。

結婚を通じて、愛情豊かな女性に成長したい。

伴侶と協力して、ますます充実した人生を送りたい。

明るく満ち足りた家庭を築きたい。

人によって思い描く理想は様々でしょう。

でも、一番大切なのは、『二人で生きる人生』について覚悟を決めることです。

結婚すれば、当然のことながら、何もかも自分の思う通りにはなりません。

晩ご飯一つとっても、毎日自分の好きなものだけ、とはいかなくなります。

いわば、自由気ままな「おひとりさま」を卒業し、「ふたり」という新しい生き方にコマを進めることが、結婚の大きな意義なのです。

「結婚について考える」ということは、価値観の幅を広げることです。

その過程で、「こうあるべき」「こうしたい」と頑なに思い込んでいた部分を変える必要もあるでしょう。

それが「人生の損失」ではなく、「新しい発見」と思える人に幸せはやって来ます。

心の枠がほぐれるほど、幸せの可能性も広がっていくのです。

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.blog/oya-book

Scroll Up