TAG

幸せな考え方

自尊心とは、欠点も含めて、自分に「よし」と言えること

人より優れることが自信と思い込んで、ダイエットや自分磨きに必死になる人も多いですが、自尊心というのは、「鼻ペチャでも、ソバカスだらけでも、私は私。何でも好きなことに挑戦して、楽しく生きよう」と心の底から思えることです。息苦しい社会で、自分らしく、堂々と振る舞うのも勇気が要るかもしれませんが、心の中で自尊心を保つことはできます。

恋の『限界』を知る ~別れたって、いいじゃない

別れ=失敗と思い込んでいる女性も少なくないですが、相手に愛されなくても、一人ぼっちになっても、あなたという人間の価値は変わりません。たまたま、その相手とは縁がなかったか、相性が悪かったのかもしれません。恋の限界を認めることが新しい道を見つける手がかりとなります。終わった恋にいつまでもしがみついても、未来はありません。

シェエラザードのように賢い女性になろう ~聞き上手は美人に優る。話し上手は万人を感動させる~

シェエラザードは生命の危機にさらされながらも、夜ごと楽しい物語を語って聞かせ、王の心を溶かします。無理に愛を求める前に、相手の状況、相手の表情、相手の言動。よく見て、よく聞いて、まずは相手を満たすことから始めましょう。

出会いが欲しければ、隣の席は空けておく ~一人で行動しよう

男性が声をかけやすいのは、女性が一人で居る時です。いつも仲間とべったり、女子同士で騒がしくしても、男性はますます近寄りがたく感じます。いい出会いが欲しければ、必ず隣の席は空けておくこと。ガードの堅い女性も少なくないですが、本当にいい出会いが欲しければ、精神的にも物理的にも相手が入り込むスペースが必要です。

『言い訳』は女性の幸せを遠ざける

意地を張っている限り、人は決して幸せになれない。自分が経験してもない事について、外側から見た印象や、どこかで聞きかじった情報だけで、「結婚とはー」と大演説会を始めるから、自分も周りも苦しくなって、だんだん縁遠い人間になっていくんですよ。その人自体に大きな問題があるわけでもないのに、もったいない話です。

『人は、自分が決心した分だけ、幸せになれる』

恋人がいないから、苦しいのではなく、恋人がいない自分を嫌っているから苦しいのです。結婚できないから、みじめなのではなく、結婚できない自分を卑下しているから、みじめに思うのです。否定的な気持ちで幸せを待っていても、幸せは訪れません。まずは自分自身に「幸せになる!」と宣言することから始まります。

「幸せな出会い」とは条件ではなく、心の触れ合い

いい出会いとは、ハイスペックな男性と知り合うことではありません。心と心が触れ合うような魂の体験をすることです。いつも男性の品定めばかりしている女性に男性の本当の価値は分かりません。本当に心ばえのいい男性と出会いたければ、まずは、自分自身が思いやりや優しさを理解できる人間になりましょう。

年齢的な「焦り」と向き合う ~大切なのは本音を知ること

焦りを誤魔化そうと、屁理屈をこねたり、否定的な態度を取る人も多いですが、むしろ自分に素直になって、心と身体の求めることにじっくり向き合った方が、結果的には上手くいきます。年齢的に焦ったり、不安を覚えたりするkとおは、少しも恥ずかしいことではありません。