TAG

依存と執着

まともな男は浮気しない

不倫は文化でも個人の自由でもありません。特に独身女性の悩み苦しみは無視され、男性の勝手な言い分ばかりがまかり通っています。女性をみじめな立場に追いやっても愛し愛されていると言えるのでしょうか。私は彼に愛されていると信じ込む前に、本当の誠実と責任感は何か、じっくり考えてみて下さい。

恋の『限界』を知る ~別れたって、いいじゃない

別れ=失敗と思い込んでいる女性も少なくないですが、相手に愛されなくても、一人ぼっちになっても、あなたという人間の価値は変わりません。たまたま、その相手とは縁がなかったか、相性が悪かったのかもしれません。恋の限界を認めることが新しい道を見つける手がかりとなります。終わった恋にいつまでもしがみついても、未来はありません。

『NO』と言わせない女性 ~罪悪感で人を支配しない~

あなたも『No』と言いたいように、相手にも『No』という自由があります。相手が『No』と言ったからといって、あなたの全人格を否定しているわけではありません。相手に『No』と言われるのが嫌で、先回りして脅したり、被害者ぶっても、相手の心はますます離れるだけです。愛が欲しければ、相手にも『No』を言う自由を与えましょう。

相手にぶつかっていく勇気 ~自分に自信を取り戻す為に~

相手を失うことを恐れて、いつまでも本音をぶつけなかったら、いつまでもそのままです。表面的に上手くいっても、心の安まる時などないでしょう。卑屈になっても、投げやりになってもいけません。ここぞという時、どこまで強くなれるかで、その後の人生、何もかもが変わってきます。あなたに今、一番必要なのは、ぶつかる勇気です。

相手の為に、いつでもドアは開けておく 【依存と執着】

彼を離すまい、嫌われまいと、がんじがらめにするのは、過った愛し方です。心地よい関係とは、いつでも「No」が言えて、行き来する自由があること。束縛するほど、相手の心は遠ざかり、あなたの存在を重苦しく感じるようになるでしょう。ドアを開けたからといって、相手が必ず出て行くとは限りません。あなたという女性を心地よく感じたなら、一度は出て行っても、また戻ってくれるのです。

失恋すれば失敗なのか? 「いい恋」とは心から愛した実感

ただ一度の恋愛でも、たとえそれが別れに終わっても、心の底から「人を好きになってよかった」と思えたら、いい恋です。「こういう時に、こういう事を口にしてはダメなんだ」と分かったら、それだけ心が成長した証だし、そうした気付きは、仕事や今後の人間関係で必ず生きてきます。

遠距離恋愛を乗り切るコツ ~こだわりを捨てる~

ただでさえハードルが高い遠距離恋愛。どうすれば不安や不満を乗り越えて、成就することができるのでしょうか。何が何でも上手く行かせようとしている間は、あなたの態度も計算尽くになり、いっそう彼の心を頑なにするものです。「こだわり」という枝から手を離した瞬間に、物事は円滑に滑り出すものです。

何かと理由をつけて彼氏と繋がりを持とうとしない

恋が終わりそうな時、どんなことをしても別れるもんかと、何かと理由をつけて連絡を取り、彼氏と繋がりを持とうとする人がいます。しかし、あなたがどんな理由を並べようと、相手にはあなたの指定が見え見えです。自分では気遣いのつもりでも、相手には重荷でしかありません。相手の無理を感じたら、すっぱり連絡を絶って、忘れることが大事です。