TAG

人間関係について

『NO』と言わせない女性 ~罪悪感で人を支配しない~

あなたも『No』と言いたいように、相手にも『No』という自由があります。相手が『No』と言ったからといって、あなたの全人格を否定しているわけではありません。相手に『No』と言われるのが嫌で、先回りして脅したり、被害者ぶっても、相手の心はますます離れるだけです。愛が欲しければ、相手にも『No』を言う自由を与えましょう。

恋愛関係における変化を恐れない ~どんな仲好しでもつまづくのが当たり前~

人間関係は好意で始まっても、様々な出来事を経て、次第に変化するものです。時には相手に失望したり、怒りを感じたり。その都度、二人でじっくり話合い、妥協点を見つけて、こじれた関係を修復する点に恋愛の意義があるのです。本当に二人の関係が終わっているなら喧嘩も話合いもありません。ぶつかるのは関係が生きている証です。

恋愛の90%は「誰と付き合うか」で決まる。

誰と交際しても長続きしない人は、相手が悪い、方法が悪いと嘆く前に、一度、自分自身とじっくり向き合い、自分がどういう人間で、どういうタイプの男性と付き合ってきたか、見つめ直してみませんか。やみくもに相手を取っ替え引っ替えしても、条件だけで選んでも、自分が苦しい思いをするだけです。

相手にぶつかっていく勇気 ~自分に自信を取り戻す為に~

相手を失うことを恐れて、いつまでも本音をぶつけなかったら、いつまでもそのままです。表面的に上手くいっても、心の安まる時などないでしょう。卑屈になっても、投げやりになってもいけません。ここぞという時、どこまで強くなれるかで、その後の人生、何もかもが変わってきます。あなたに今、一番必要なのは、ぶつかる勇気です。

相手の為に、いつでもドアは開けておく 【依存と執着】

彼を離すまい、嫌われまいと、がんじがらめにするのは、過った愛し方です。心地よい関係とは、いつでも「No」が言えて、行き来する自由があること。束縛するほど、相手の心は遠ざかり、あなたの存在を重苦しく感じるようになるでしょう。ドアを開けたからといって、相手が必ず出て行くとは限りません。あなたという女性を心地よく感じたなら、一度は出て行っても、また戻ってくれるのです。

「出会い」とは心が開かれていること ~イイ男がいないのではなく~

今は輝かなくても、いざという時に頼りになる人はいくらでもいます。あなたがその良さに気付かないだけかもしれません。「運命の出会いがない」と嘆く前に、「ああでなければ、こうでなければ」という思い込みを捨てて、今まで無価値と切り捨ててきたもの、くだらないと見向きもしなかったものに、ほんの少し視線を向けてみませんか。