対決を通しての親子関係の安定

対決を通しての親子関係の安定 ~立派な親の姿を見せるより、正直な人間として子供と向き合おう~

愛し方、愛され方の分からない人は、力の強さや格の高さなど、周りより優れることによって、周囲の愛情や尊敬を勝ち取ると錯覚しています。

子どもに対しても、常に親が優れることで、子どもの方から従うと思い込んでいるので、弱みなど決して見せませんし、批判も許しません。子どもに舐められまいと威嚇したり、あるいは、子どもを貶めて無力化したり、親が優位に立つことで、子どもをコントロールします。こうした親にとっては、子どもが従順であることが愛情と尊敬の証なのです。

しかし、愛の本質は、相手の弱点を理解して、受け止める点にあります。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。