「世話する」と「育てる」は違う

「世話する」と「育てる」は違う

「世話する」と「育てる」は違う。

「愛する」と「可愛がる」も違う。

どこが、どう違うのか、私には明言できないけれど、

一つだけ確かなのは、愛にはいつも迷いが付き物だ・・ということだ。

なぜなら、完璧に愛せるのは、神様だけだから。

人間には、人間の愛し方しかできない。

それは、いつだって、不完全なものなのだ。



愛しても、愛しても、愛し足りないと思い、

ふとすれば、「これでいいのか」という自問自答に明け暮れる。



親として、十分してやれなかったような気持ちのまま、

いつか、私たちは、子供を外に送り出さなければならない。

愛し足りなかったような悔いは、きっと一生、心に残るのだろう。



でも、その悔いがあればこそ、

私たちはいつまでも、子供の人生を見守ることが出来るのだと思う。

物足りないからこそ、いつでも手を貸す用意があるのだ、と。



親子は一生のもので、愛も、生きている限り、そこに存在し続ける。

それが、「世話」と「育てる」の違いであり、

「愛」と「可愛さ」の差であるようにも思う。



「世話」には終わりがあるけれど、「育てる」ことに終わりはない。

「可愛さ」は気まぐれに失せるけど、「愛」は無くならないから。



自分の子育てというものが、何処に辿り着くかは知らないけれど、

多分、一生、「これでいい」ということはなく、

中途半端な気持ちのままに、

別れを告げねばならないものなのだろう、と思う。



それがどうであったか、真に知っているのは、子供だけだ。

私たちは、推測の中で、「己の正しさ」を追求しているだけかもしれない。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book
Scroll Up