人間と猿の違いは『NO』と言えること:『猿の惑星・創世記』

むかーし、生物学科の知人に聞いたことがあります。

「猿山には何故イノシシがいるのか」

周知の通り、猿の社会は、幼稚園のママ集団と同じく、階級社会です。

弱い猿はいじめられ、動物園の猿山のように閉鎖された空間で飼育されていると、逃げ場を失い、ストレスから死んでしまうこともあるそうです。

ところが、そこにイノシシが居ると、弱い猿はイノシシの背中に乗ったり、ちょっかいをかけて、ストレスを発散することができます。(イジメてるつもり)

けれど、イノシシは「猿に遊んでもらっている」と感じるので、ストレスには感じないそうです。

つまり、あのイノシシは、弱い猿の攻撃の受け皿となることで、階級社会の最下層にいる猿の救いになっているわけですね。

ですから。

幼稚園でボスザルみたいなママや、その手下ザルにいじめられたら、こう考えましょう。

「私はイノシシ。あんたはサル。あんた達のストレスの遊び相手になってやってんのよ」と。

根本的に生物種が異なると思えば、少しでも気持ちが楽になりませんか。

ついでに、タワーマンションで、上だの、下だのにこだわる人たちの、無意味な上階自慢に疲れたら、心の中でこう唱えるといいですよ。

『バカと煙は高い所が好き』

元気出してね。

『No』は進化の証

アルツハイマーの新薬の影響で卓越した知能を持つに至ったお猿のシーザー。
心優しいウィル・ロッドマンの家に引き取られ、家族同然に育てられます。

ところが、アルツハイマー病に苦しむウィルの父を守ろうとした行為が、逆に「危険な動物」とみなされ、霊長類保護施設に隔離されてしまいます。

狭い檻に閉じ込められ、粗末な餌を与えられ、飼育係に虐げられるシーザーは、ついに決起し、猿の仲間を統率して、人類との闘いに挑みます。

その時、シーザーをいためつけ、檻に戻そうとする意地悪な飼育員にシーザーが放つ言葉が『NO

DVDの吹替では「やめろ!」になっているみたいですが、オリジナルでは「NO(ノー)」と力強く叫びます。

そして、これが猿のシーザーの「最初の言葉」なんですね。

*

これって、何かに似てません?

そうです、「子供」です。

親なら誰でも経験する「魔の二歳児=イヤイヤ期」ですね。

「ジュンちゃん、ごはん食べる?」

「イヤ」

「ジュンちゃん、お着替えする?」

「イヤ」

「ジュンちゃん、遅いからもう帰ろう」

「イヤ」

右も左も分からない、言葉も知らない、無知で真っ新の赤ちゃんが順調に成長し、「自我」に目覚め始めた時、好んで使う言葉ですよ。

まるで「イヤ」の中に自分が居るみたい。

これには本当に手を焼かされますが、「お猿」の状態から「人間」に成長した証なんですね。

ゆえに、シーザーが最初に発する言葉を「NO」に設定したのは、いい演出だと思います。

*

もちろん『No」と言われて嬉しい人間はない。

何所の世界でも同じだと思います。

No, Thank you の国でも、自分の誘いを断られたら、誰でも「ありゃま」と拍子抜け。

腹の底から喜ぶ人なんて、まあ無いですよ。

それでも一点違うのは、「他人のNOを尊重する」という精神的風土がある点です。

私がNOを言うように、あなたもNOと言っていい。

あなたがNOを言うように、私もNOと言っていい。

やはり人間関係にはこれがないと窒息します。

NOを言うのが怖い人は、『NO』の一言に全存在を懸けてしまう。だから拒絶が怖くなる。

そして、他人のNOが許せない人は、自分のNOが拒絶されるのが怖いのかもしれません。

*

ところで『NO』って、何でしょう。

それは人間の意思に他なりません。

相手の意思、周囲の意思と同じように、自分の意思も同じ重みを持っている。

まずは、それを自分に言い聞かせないと。

自分の意思より相手や周囲の意思を尊重していたら、そりゃ「自分を無くす」し、自分を空気か紙みたいに安っぽい、無意味なものに感じるでしょう。

そして必要以上に『NO』をプレッシャーに感じてしまう人は、そこに全存在を懸けすぎなんじゃないですかね。

『NO』というのは一つの意思です。あなたという「全存在」ではありません。

人があなたの『NO』を快く受け入れなかったとしても、それは全存在を否定されたわけじゃない。

あくまで『NO』という一つの意思に対する、一つの反応だと、考えてみてはどうでしょう。

それはまた、あなた自身の訓練でもある。

あなた自身が他人の『NO』を上手に受け止められるようになれば、自分の『NO』も上手にハンドルできると思うんです。

誰かがあなたの誘いに『NO』と言った。

でも、それは、あなたという「全存在」に対してNOを言ってるんじゃない。

あくまで「誘い」の部分に『NO』を言ってるに過ぎない、と。

NOと言われてガクっ、ムカっとくるのは、みな同じ。

でも、そこで、あなた自身が他人の『NO』を理解し、許容し、上手にハンドルする術を身につければ、自分の『NO』に対する非好意的な反応も上手く流せると思うんです。

喩えて言えば、あなたが、あなたの誘いに『NO』という人に対して寛容であれば、あなたも他人の寛容さを信じることができる、ということです。

そしてまた、自分の意思を自分自身で尊重しましょう。

子供は平気で「イヤ」と言います。

それは親に対して「イヤ」と言っても、親は自分を嫌わない、という安心感があるからですよ。

この安心感がないと、イヤも言えない子供になっていく。

親としては、どんどん子供に「イヤ」を言わせて、「それでも、あなたが可愛い、大事」という気持ちを子供に確信させないといけない。

いやなら「イヤ」と言っていいんだ、と。

それが自我の始まりだし、自尊心の源になっていく……と、私は思うんですよ。

それは大人も同じこと。

『NO』は、決してネガティブな言葉じゃない。

ただ単に、「一つの意思」を表しているに過ぎない。

自分という人格(存在)そのものではないんですよね。

*
人間と猿の違いは「意思もってるか、否か」です。

そして、意思ある限り、人間は『NO』と言わねばならない時もある。

『NO』は、人間としての尊厳。

あなたも尊い存在であることの証。

他人の『NO』を尊重するように、自分の『NO』も尊重する。

過度に恐れず、はっきり、言うてやって下さい。

アイテム

「最近のハリウッドのお猿は利口やな~」と思っていたら、俳優さんが特撮で演技してると知ってビックリ。(ロード・オブ・ザ・リングで「マ~イ・プレシャ~ス」と言うてた人)

私も、我が家のハムスターと心を通わせているからね。(四匹、それぞれに性格が違う)

今時のハリウッドのお猿も、指導員の言うことをよう聞いて、これぐらい演技するんやろ、って、思ってたら、そうか、特撮か・・みたいな。

感慨深い作品です。