痛みを受け入れた時 人は初めて成長する

痛みを受け入れた時 人は初めて成長する

痛みを受け入れた時、はじめて、人は成長するものです。

心が成長すれば、新しい幸せへの手掛かりが生まれます。

「この痛みがあったから、今の私がある」

心からそう思えた時、あらゆる痛みが報われるはず。

すべては成就へのプロセスに過ぎません。

二歩も三歩も戻ったように見えて、その実、着実にゴールへと近づいています。

予期せぬことがあると、人はすぐ悲観しますが、すべては成就へのプロセスと思えば、痛みも尊い経験です。

あなたが悪いから、辛いことが起きるのではないのです。

痛みがあるから、人は成長します。

間違いを正すことができます。

むしろ、目に見えて順調な時ほど、人は自分の過ちに気付きません。

自分は正しいと思い込み、崖から落ちるまで、突っ走ってしまいます。

痛みは、間違いを知らせるサインであり、今は心身を休めて、じっと考えなさいという知らせです。

痛みを受け入れば、進むべき方向がきっと見えてくるはずです。

どんな出来事も、チャンスと思えば、最後には丸く収まるものです。

特に関連のある記事

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

Scroll Up