17歳のオイディプス

十七歳のオイディプス

次の進路で人生が決まる

西暦二〇〇〇年頃、十七歳前後の少年による凶悪犯罪が相次ぎ、『キレる十七歳』という言葉が世間の注目を集めました。この頃の十七歳が特別悪いわけではありませんが、十七歳前後にこれまでの鬱憤が爆発して、凶行に走る動機は理解できます。身体は大人でも、心と社会的立場は子どものまま、しかも次のステップで人生の大本が決まってしまいます。

いくら大人が「好きなことをして生きろ」「人生何度でもやり直しができる」「チャレンジ精神が大切」と励ましても、現実は決してそうでない事を多くの高校生は肌で感じています。大学か就職か、一流か二流か、次のステップで人生の梯子がかかることを思えば、焦りや重圧もひとしおです。傍目には聞き分けのいい子どもに見えても、心の内側では、理想と現実、希望と不安がせめぎ合い、重圧と緊張の毎日でしょう。

そんな最中に、たった一つの願いを踏みにじられたり、能力や人格をけなされたり、自己の存在を全否定するような選択を迫られたら、おとなしい子でも反発します。反発する勇気のない子は、自尊心の低下や絶望から、自傷や自殺に走るかもしれません。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。