6-8 潜水艇の事故に備えて 職場との交流

船 アムステルダム

ヴァルターとエイドリアンは潜水艇『プロテウス』の耐圧殻に入り、接続ミッションの打ち合わせに取り掛かる。
最初は反目していたが、プロテウスの練習を通じて、少しずつ心の距離を詰めていく。

その夜、ヴァルターはマードックに誘われて、初めて娯楽室に顔を出す。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
「接続ミッションの段取りについて、二、三、確認したいことがある。お前、船体保持はしたことがあるか?」
「ええ。レビンソンさんに教わりました。海上から座標を指示されたら、自動操縦システムにロードして、定位置に保持できます。位置確認の仕方も」
「そうじゃなくて、俺が無人機を操縦している間、深海流に影響されることなく、船体の向きや深度を一定に維持できるか、と聞いているんだ。あの辺りは、突然、不規則に流れが変わることがある。俺は一度も潜ってないから体感的に分からないけども、レビンソンが残したメモにはその時の状況が綴られていた。もしかしたら、今度のミッションでも、『右に、右に、流されるような』不規則な深海流に遭遇するかもしれない」
「船体保持なら、ある程度、自信があります。もっとも僕の操舵経験は海上の船舶が大半で、潜水艇とはかなり感覚が違いますが、潮流の激しい沖合や悪天候での操舵もそれなりに経験してますから、応用は利きますよ」
「じゃあ、緊急時の訓練は?」
「『緊急時』って?」
「万一、潜水艇が浮上できなくて、水深三〇〇〇メートルの海底に沈没した場合の話だよ」
「……」
「お前、そんなことは絶対にあり得ない、なんて思ってるわけじゃないだろうね」
 エイドリアンが答えられないと、
「まあ、プロテウスの事故で死ぬとしたら、船体に使われている有毒ガスか酸欠による窒息死の可能性が一番高いね。突然、耐圧殻が破裂して超水圧でペシャンコになるとか、緊急浮上する際に急激な圧力変化で身体が内側から破裂するとか、B級パニック映画のような事態にはならないと思うが、意識のある中で窒息死はものすごく辛いだろうよ」
「……変なことを言うのは止めてくださいよ」
「変なことじゃないさ。俺はあり得る話をしてるんだよ。潜水艇に乗るからには、それぐらい覚悟してるだろ? 命が惜しいなら止めとけよ」
「あなた、惜しくないんですか?」
「惜しいとか、惜しくないとかの問題じゃない。自分のプロフェッションだ。いざとなれば火の中にも飛び込む、消防士と同じだよ」

Product Notes

アメリカのウッズホール海洋研究所の『Alvin』は生誕50周年とのこと。

「製造から50年経つのに、まだトイレがないの?」
「何いってんだ、ここは水深15000フィートの深海だぞ」

いまだにトイレがない。

でも、ロシアでも、日本でも、フランスでも、中国でも、水深数千メートル級の有人潜水艇が活躍していますが、いまだ人命にかかわるような事故は起きたことがないんですね。

深海 潜水艇
Photo : http://www.whoi.edu/alvin50th/