6-7 ウミガメの愛と親子の絆

ウミガメ

二人のデートの様子を遠くから覗っていたマードックは「でも、お前も好きなんだろ。顔に書いてあるぞ。『やっと運命の恋人に巡り会えた』」とヴァルターを冷やかす。
彼は口では反論しながらも、リズのいじらしい姿を思い返す。

海岸の散歩で、リズはいっそう想いを深め、自分から交際を申し込むが、彼の態度は素っ気ない。

傷ついたリズは涙ながらに家に駆け戻り、彼はアルに謝りに行くハメになる。

一方、アルは、彼の態度にも一定の理解を示し、落ち込む娘に恋の道を説く。

彼のような男性に恋をすれば傷つくと分かっても、リズには気持ちを抑えることができない。

もっと、あなたと話したい。
心と心で語り合いたい――。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
 あの夜はなぜかしら月が美しく、ふと遠い南の島で目にしたウミガメの産卵を思い出し、その様子をリズに話した。 
「満月がね、母親みたいに見守る中を、ウミガメの赤ちゃんが次々に卵から孵って、海を目指して一所懸命に歩み始めるんだ。誰にも何も教えられなくても、自分の故郷が海だということを知っているんだね」
「迷子になったりしないの?」
「そういう子もいるよ。人間の足ならほんの数十秒の距離でも、ウミガメの赤ちゃんにとっては果てしない道程だ。砂にまみれ、凹みに足をとられ、中にはそのまま力尽きて死んでしまう子もいる。だけど、みんな生きるために海を目指して歩み続ける。月も、人間も、ウミガメの母親さえも、どんなに助けたいと思っても、その子が自力で海に辿り着くのをじっと見守るしかない。生物の『愛』って、いつも側に居て世話を焼くのが全てじゃないんだな。多分、手出しもできずに見守る方がずっと切なく、厳しい。それでも、そうやって見守ってくれる人が居るから、子供も生きて行ける。俺の父親も今は夜空に浮かぶ月と同じだ。俺はただ必死に生きて行くだけ。本当にそれだけだ」

Product Notes

ウミガメの誕生と海への旅立ちは何度見ても泣けます(T^T)
こんなにたくさん生まれても、無事に成人して、生れ故郷に戻ってくるのは数えるほど。
それでも、誰にも教えられなくても、海に向かって歩いて行く姿が不思議でもあり、感動的です。

Toward Ocean !

ウォールのPhoto : http://goo.gl/E9QFbM