6-14 ムーンプールと深海と幸運

ムーンプール

ヴァルターはリズの願いを聞き入れ、一緒にムーンプールを訪れる。

激しく波飛沫が打ち付けるムーンプールを覗き込み、リズは歓声を上げる。

リズは彼の成功を祈り、「運命など信じない」というヴァルターに幸運の右手を差し出す。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
「すごいわ。海のエネルギーをぎゅっと圧縮したみたい。この水面が水深三〇〇〇メートルの海底まで続いているのね」
「そうだ。砂浜から見れば静かに横たわっているように見えるが、内側には計り知れないエネルギーを秘めている。何千年とかけて惑星の隅々に物質を運び、岩を削り、熱を伝え、そのメカニズムを知れば、波の一つ一つが惑星の呼吸に聞こえる」
「そのエネルギーが海台クラストを作ったのね」
「クラストに限らず、海底の鉱物は、潮流、噴火、風雨、微生物、あらゆる自然現象の結晶だ。海はそれを何百万年、何千万年と懐に抱いて醸成させる。今こうしている瞬間にも新たな鉱物が形作られ、星の性質を変えて行く。海はまさに生きているんだよ」
「そんな海の深い所から、どうやって鉱物を引き上げるの?」
「最初に破砕機でクラストだけを剥がして砕き、次に集鉱機で掃除機みたいに掻き集める。集鉱機に繋がった揚鉱管には流水が循環していて、高圧水中ポンプで内側を負圧にすれば、圧力差で吸い上げることができるんだよ。ストローみたいにね」
「でも、全長三〇〇〇メートル以上でしょう。揚鉱管が途中で折れ曲がったりしないの?」
「揺れに合わせてプラットフォームも移動するから、よほどの事がない限り、ぽきんと折れたり、引っ張られることはない。いざとなれば、集鉱機から揚鉱管を離脱して、半時間ほどで海上に揚収できるそうだ」
「だけど、真っ暗で、投光器で照らしても何も見えないのでしょう」
「そうだね。よく見えても半径数メートルだ。カメラの視界はもっと限られる。陸上なら簡単に接続できる作業も、深海では水圧や暗闇との戦いだよ。電気も電波も届かないからね」
「それでも、やるのね」
「そうだ。皆それを目指して何十年と打ち込んできた」

Product Notes

高所恐怖症の人には絶対に近付けない、恐ろしい場所です。
落ちたら、間違いなく死にます。
オペレーションも命がけです。

洋上プラットフォームのオペレーションについて、こちらも参考になると思います。

Photo : https://www.youtube.com/watch?v=KofiI6XyCX0