9-5 相手に頭を下げたところで、あなたの価値まで下がるわけじゃない

LEGO

海洋情報部で全職員と海洋行政の関係者を対象に二度目のプレゼンテーションを行う。
リズから注釈入りのパンフレットを渡されたヴァルターは、改めて、アステリアの社会がそれなりの歴史と複雑な利害関係を有することを知り、『相手も人間』、たとえ政治的信条は違っても、どこかに訴える部分があることを理解する。

そんなヴァルターにメイファン女史が助言する。

プレゼンテーションの後、ヴァルターはリズと公園で落ち合い、互いの不安と迷いを語り合う。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
「ええ、知ってるわ。フェレンツ部長をやり込めたのでしょう。かんかんに怒鳴り込んできたわ。あなた、相当に痛いところを突いたのね」
 メイファン女史は肩をすぼめて苦笑した。
「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」
「私に謝らないで。フェレンツ部長に謝るのよ。『口が過ぎた』と素直に頭を下げれば、いつまでも根に持つ人ではないわ」
「しかし、そうまで謙る必要があるんですか」
「当然よ。あの方、いわばノボロスキ社は私たちの大事なパートナーだもの。公の任務も民業もノボロスキ社を抜きにしては回らない。それは支配や独占ではなく、リーディングカンパニーとしての存在感なの。フェレンツ部長は重要なデータを預かる最高責任者であり、社の代表でもある。その方のプライドを傷つけるということは、これまでノボロスキ社が積み上げてきた何十年の功績を軽んじるということよ、たとえあなたにそのつもりはなくても、周りはそう見なすわ。癖のある人だけど、仕事は確実だし、あなたがよちよち歩きしていた頃から、ここで身体を張って海洋調査の仕事をしてこられたんだもの。そこだけは敬意を払わないと、今度はノボロスキ社長の不興を買うわよ」
「……」
「前回、なあなあで済んだのは、フェレンツ部長の方が大人ということもあるけれど、ノボロスキ社長とマクダエル理事長の信頼関係に依るところも大きいわ。理事長が特別に目をかけておられる若い人だからと、一言言いたい気持ちを抑えておられるのよ。でも、一度は許しても、二度目はないわよ。あなたにも言い分はあるでしょうけど、それは結果を出してから堂々と口にすればいいこと。今は若輩に徹して信頼を固めた方がいい。たとえ小さな成果でも、何か一つ形にすれば人は認めてくれるわ」
「結局、理事長の威光ですか」
「そんなひねくれた言い方をするものじゃないわ。今度の事で一番恥ずかしい思いをされてるのはマクダエル理事長よ。あなたを推した時点で自らの信任も懸けておられるのだから。少しでも申し訳なく感じるなら、今度は穏便にやりなさい。フェレンツ部長に頭を下げたところで、あなたの構想の価値まで下がるわけではないのよ」

Product Notes

「相手に頭を下げたところで、あなたの価値まで下がるわけじゃない」という言葉は、若かりし頃、お世話になった方に言われたことを総合ミックスして、一言に要約したものです。

若者の「謝れない」「認めない」は万国共通。それができれば一流なのでしょうけど、20代、30代は、なかなかそうはいかない。

それを陰でフォローして下さったのが、当時の直属の上司であり、お世話になった目上の方々です。

それも長い時を経てから理解できる話。

このあたり、「旧・自分」と「新・自分」の対話でもあります。