5-2 海と恋と女性の生き方

海 女性

ヴァルターに海に突き落とされたリズは、ショックを抱えたままセス・ブライトの家に身を寄せる。

バスルームで自分の映し姿と向かいながら、リズは大学の同級生に陰口を言われていたことを苦々しく思い返す。

『アル・マクダエルの娘』として、全てに恵まれたように見えても、リズには意思もなく、自由もない。
まるで人形のように父の支配下に置かれ、自立や仕事に憧れるだけだ。

それだけに、自分とは正反対の生き方をするヴァルター・フォーゲルに心を惹かれる。
人生を揺るがすような大きな予感に、身も心も震えるような思いがする。

一方、採鉱プラットフォームに入ったヴァルターは、気を取り直して、仕事に向かっていく。

引用

このパートの引用はありません