2-5 言葉の問題は心も人格も傷つける

息子ヴァルターの成長を楽しみにしていたグンターだが、幼稚園の教諭から聞かされたのは、「緘黙症」という信じられないような指摘だった。
元々、発音がおかしいのに気付いてはいたが、子供が舌っ足らずなのは当たり前と受け止め、楽観していただけにショックも大きい。
あっちの相談所、こっちの耳鼻科と、専門家を訪ね回り、自分でもあれこれ教えて、なんとか普通に喋れるよう教育しようとするが、やればやるほど息子は二枚貝のように口を閉ざし、ついには一般の小学校に通うことも叶わなくなる。

そんなグンターが藁にもすがる思いで訪ねたのが、スピーチセラピーの専門家、オステルハウト先生だった――。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
「あの子の場合、知能や器質に問題があって喋れないのではありません。どこかの過程で『他人と話すのが怖い』という恐怖を体験したのだと思います。『友達に鼻詰りのような喋り方を真似される』『自分の喋っていることを周りに正しく理解されない』といった事です。集団生活において小さな恐れや疑念や劣等感を経験するうちに心の緊張が高まり、ついには特定の人、特定の場所で声を発することすら出来なくなるのです。でも、発音に関しては、今からスピーチ訓練を重ねれば、他人が聞いても気にならないぐらいに改善しますし、コミュニケーションに伴う苦痛が和らげば、友達や先生とも楽しくお話しできるようになります。皆と同じように学校生活を楽しむ余裕ができれば、読み書きにも弾みがつくでしょう。一番大切なのは周りがそれを肯定し、子供が自分自身を好きになることですわ。上手に発音できなくても、読み書きが苦手でも、自尊心をもって意見を述べ、気持ちを表現することが、この教室の目標です」
 (そうか)とグンターは納得した。 
 今まで直すことに躍起になってきたが、一生喋りや読み書きに不自由しても、その為にこの子の価値が失われるわけではないのだ。
 一番大事なのは、そんな自分でも好きになること。そして、他人を恐れないことだ。
「言葉の問題というのは、四肢やその他の障害と同じくらいダメージが大きいものです。なまじ普通に生活できるが為に、『喋れない』『読み書きできない』というだけで、怠け者か落伍者のようなレッテルを貼られてしまうのです。それで本人もますます心が萎縮して、本来もっている能力まで損なってしまうのです。あの子の場合、理想とする人間のモデルはあなたです。あなたのことが好きで好きで、あなたのようになりたいと願っているにもかかわらず、あなたのように流暢に言葉も話せず、期待に添うこともできないので、余計で自分を嫌い、自責の念にかられているのです」
「そんな……」
「四歳から六歳にかけて、あちこちの相談所や専門医を訪ね歩いた時期がありましたね。その時も、あの子は心の中で悲鳴を上げてたのです。でも、あなたのことが好きだから『イヤ』と言えなかった。その代わり、ドクターやセラピストの前で固く口を閉ざして、精一杯の自己主張をしていたのです。それにお気付きになりませんでしたか」
 グンターは激しく打ちのめされ、返す言葉もない。
「誰にでも思い違いはありますわ。良かれと思ってしたことが裏目に出ることもあります。ここに来られる親御さんは皆そうです。何とかしたい一心でいろんな教材を与えたり、何人も家庭教師をつけたり、躾を厳しくしたり。子供より親の方が必死になってしまうのです。でも親に悪気がないのは子供にも分かります。だから余計で辛いのです。幸い、あの子の場合、家庭環境は良好ですし、今まで一度もご両親に発音のことで叱られたり、辱められたこともありません。訓練を重ねれば、『L』が『W』に、『F』が『M』聞こえるような構音障害はたいてい克服できますし、読み書きが苦手でも、今は性能の良いテキスト読み上げツールや音声入力ソフトウェアがあります。実際、そうしたツールを駆使して、ビジネスや学術や芸能で活躍しておられる方も少なくありません。どうぞ希望を持って下さい。あの子なら、きっかけ一つでぐんぐん伸びるはずです」
 グンターはただただ涙を流すばかりで、顔を上げることもできない。
「ご自身を責めてはなりません。そんなことをすれば、ますますあの子は『自分のせいだ』と思い込みます。スピーチ訓練は親の贖罪ではありません。まして子供の義務でもありません。豊かな人生を勝ち得る為の一つの方策です。この世が生きるに値する楽しい場所だと分かれば、子供自ら取り組むようになるでしょう。シュテファン・マイアー選手のように」

Product Notes

オランダはチューリップの季節が素晴らしいです。一面、花のカーペット。

オランダ チューリップ畑

運河と緑。

オランダ 運河

このような排水施設も各所で見られます。水と共に生きる国。

オランダ 排水施設