7-8 夕陽と恋 ~いつか誰かのものになるなら

Chapter: Tags: ,
海 夕陽

ヴァルターはアルに呼び出され、今後の仕事について話し合う。
指示もせず、ポジションも与えず、自分で仕事を創出する立ち位置は変わらない。
自分なりに答えを見つけることで、合意する。

またアルは、リズの体内に発信器を埋め込むに至った経緯を語る。

一方、リズはペナルティとして外出を禁じられるが、父に反抗する気持ちで甲板に出る。
そこで掃除にいそしむヴァルターの姿を見かけ、少しショックを受けるが、どんな時も誠実な彼の人柄にいっそう思いを深める──。

引用

このパートの引用はありません。

Product Notes

石油リグなら、360度、見渡す限りの海なので、日没も日の出も素晴らしく綺麗だろうと思います。
ずっと以前に、労働者へのインタビューで、「洋上生活で一番楽しいことはなんですか?」という質問に、「この夕陽さ」と答えておられたのが今も印象に残っています。