3-10 臨海都市計画と『緑の堤防』

メイヤーの考案する『フェールダム臨海都市』は、洪水で被害を受けたフェール塩湖の東側湖畔の一部を埋め立て、宇宙基地のようなコロセウム型のショッピングモールを中心に、低階層のオフィスビルやホテル、アパートメント、高級建て売り住宅などを建設する計画だ。各所にはウォータースポーツ施設やマリーナを設け、水と緑が一体となったモダンなシーサイドリゾートを構築する。

これまでにもフェールダムの再建案は幾度となく持ち上がり、その都度、立ち消えてきたが、今度の臨海都市計画はフェールダムの在り方を根本から変えるものであり、地元経済界はもちろんのこと、ネーデルラント政府や近隣諸国までもが期待を寄せていた。

だが、元住民にしてみれば「再建」というより「改悪」だ。
そこに住民の願いを叶えようという意思はさらさら無く、洪水で壊滅した土地を企業の都合よく再利用したいに過ぎない。

たとえ瓦礫の山でも、そこには愛する人と暮らした思い出があり、何年経っても癒えない悲しみがある。そうした葛藤も理解せず、まるで巨大ゴミのように一掃されるのも腹立たしい。
なお許し難いのは、ボランティアが額に汗して土を耕し、一本一本心を込めて植樹してきたデンボンメルまで開発予定区に組み込まれていることだ。

「どれほど時間がかかっても、土地が蘇れば、何十年、何百年と作物を実らせる。それこそデルタ地帯の生きた資産だよ。俺にはあんなモダンな臨海都市が農家と共存できるとは到底思えない。君は仲間が汗水流して土を耕し、植樹した場所をブルドーザーで掘り返されて本当に平気なのか」

ヴァルターは緑化堤防と人工地盤を用いた『緑の堤防』を提案し、再建コンペに挑むことを決意する。

『ジオグリーン』を参考に、GeoCADで『緑の堤防』を素描する。

その後、ヤンと三人の仲間を集めて、『緑の堤防』をベースに再建案を膨らませる。

引用

WEBに掲載している文章は『第二稿』です。書籍版とは内容が若干異なります。
『*1ジオグリーン』と名付けられた人工地盤のイメージは、ロッテルダムに本社を置く世界有数の建設会社『ロイヤルボーデン社』の広告用パースだった。
 ジオグリーンは有害物質を含まない廃棄物を利用して海岸や河川周辺に人工地盤を造成する技術だ。土地全体の嵩上げや護岸強化に役立つだけでなく、表面を緑化することで、見た目も美しい町並みを作り出すことができる。
 特に高潮や洪水などで被害を受けた土地に有効で、フェールダムのように水が引いた後も泥土と化し、塩害や地盤沈下で町の再建が難しい場所にも応用可能だ。たとえば、現地の汚泥を古紙屑や木材チップなどと混ぜ合わせ、地盤材料として再利用することで、より耐性に優れた低コストの人工地盤を造成できるのだ。
 広告から三十年経った今もジオグリーンの技術は世界中で重宝され、水害で地盤がえぐられた河川敷の修復や海岸の防潮対策に著名な効果を上げている。
 こういう技術がフェールダムにも活用されたら、どれほど早く再建が進むことか。あんな宇宙基地のようなリゾートシティを建設するより、はるかに自然で、人にも優しいはずだ。

<中略>

 ヤンの提案で、早速、アイデア提供を呼びかけた。 
 具体的にどこからどこまでを地盤造成し、材料には何を用いるか。古紙や木片や煉瓦など無害な廃棄物をどのようにリサイクルし、土壌改造に活用するか。環境汚染の危険性はないか。どんな風に町並みを再現するか、等々。
 また、締切り堤防の補強に関しては、ファンデルフェール工科大学の研究員が「*2インプラント工法」を提案した。
 老朽化が進む防潮堤や、水流などの変化により補強やかさ上げが必要になった堤防に大口径の鋼製構造物(パイプ)を鉄柵のように土中深く埋め込み、防潮機能を強化する技術である。
 たとえるなら、弱った足腰を補強する『鉄の骨格』だ。
 この方法なら基礎から堤防を作り直さなくても、既存の堤防を使って機能を拡張できる。また、内部の鋼製構造物が老朽化すれば、単純な作業で取り替えも可能だ。工費や維持費も安く、景観を破壊することもない為、大きな予算を確保できない地方の沿岸部や、技術的に堤防再建が難しいケースに好んで用いられている。
 彼と三人の仲間はこれらの助言を取り入れて、アイデアを膨らませた。
 日に日に形を成す『緑の堤防』を見るうちに、もしかしたら、この方法で昔ながらの干拓地が蘇るのではないかと期待が高まる。

Product Notes

「ジオグリーン」および「緑の堤防」のアイデアは、(株)技研製作所の「エコグラウンド」をモデルにしています。

人工地盤
https://www.giken.com/ja/wp-content/uploads/2015/10/advertising_leaflet_20110725.pdf

作中に登場する「インプラント工法」も(株)技研製作所のものにヒントを得ています。

インプラント工法
https://www.giken.com/ja/implant/method/

オランダの堤防は芸術的に美しい。
「God schiep de Aarde, maar de Nederlanders schiepen Nederland(世界は神が創ったが、ネーデルラントはネーデルラント人が作った)」の言葉通り、国や地元民が一体になって治水と国土作りに打ち込んでいるのがいい。

オランダ 堤防
Photo : http://delva.la/projecten/rijkere-dijken-nederland-2/

ウォールのPhoto : http://goo.gl/zP3tp