6. 心的外傷 繰り返される悪夢と父への疑念

孤独 親子

息子の学費と生活費を得るため、アンヌ=マリーは心ならずもマルセイユの実業家ジャン・ラクロワ氏と再婚する。だが、その事実は、亡父を思うヴァルターの心を深く傷つける。苦しみから逃れる為、彼が手にしたのは『清涼剤』という白い粉末だった。