人間だもの → 相田みつを的育児観

人間だもの → 相田みつを的育児観

子供の言いなりになるのはラクだ。

欲しがるだけ、甘いヨーグルトを与えておけば、子供は始終、機嫌がいいし、私も癇癪の相手をせずに済む。

世の中には「お母さんをラクにする方法」なんて子育て論がいっぱいあるけど、それなら、子供の言いなりになるのが一番ラクだ。

子育てしていると、必ずと言っていいほど、

「一個ぐらい」
「一日ぐらい」
「100円ぐらい」
「一回ぐらい」

という場面に直面する。

それが良い時もあれば、悪い時もあり、私にはその線引きの仕方がよく分からない。

多分、一生考えても、「これが正しい」なんて結論には達しないような気がする。

でも、いつもいつも、誰もが適切な判断を下せるわけではないし、「何が正しいか」なんて、後になってみないと分からないことも多い。

自分ではそれが正しいと信じても、思いがけない方向に転がっていくこともある。

かといって、親の試行錯誤が全てムダかといえば、決してそうではなく、あの失敗も、この間違いも、人間らしい積み重ねだ。

その人間らしさは、いつか「思い出」や「哲学」といった形で、子供に返ってくると思う。

理屈どおりに、善悪を判断するのは、コンピュータ。

何が起ころうと、無関心なのは、サル。

「どうしよう」「どうしたらいい」と迷うのが、人の子の親。

この世に完全無欠な子育てなどあり得ないし、またそのように育てられる子も存在しない。

親も子も、欠点があっていいじゃないか。

だって、人間なんだから。

ちなみに、相田みつをさんの作品は、

つまづいたって いいじゃないか 人間だもの

です☆

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.blog/oya-book

Scroll Up