真剣に考え始めた『今』が結婚適齢期

真剣に考え始めた『今』が結婚適齢期

一般に結婚適齢期と言うと20代半ばを差しますが、人によってタイミングはそれぞれ。

10代でも、40代でも、真剣に考え始めた『今』この瞬間が、あなたにとっての結婚適齢期と言えるでしょう。

誰かを好きになって、順調に交際が進み、お互いに「そろそろ・・」意識し始めるならともかく、まだ相手もいない、どこで出会えばいいかも分からない、そんな状態でも、『考える』ところにヒントがあるんですね。

「真剣に考える」ということは、『その時』に向けて準備がスタートする、ということ。

それまでほとんど意識しなかった人、むしろ否定的な人であっても、考え始めるということは、受け入れ体勢が整いつつあるということなのです。

そして、不思議なことに、真剣に考え始めた人のところへ出会いも自然に訪れるんですね。

結婚を意識し始めたら、照れたり、ごまかしたりせず、とことん真剣に自分と向き合ってみてください。

自分はどう生きたいのか。本当は何が欲しいのか。

今までまともに考えもしなかったこと、「こんなこと考えても仕方ない」と思うようなことでも、掘り下げて見つめてください。

それがあなたの人生の大きな転機の始まりです。

特に関連のある記事

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.blog/oya-book

Scroll Up