幸せな「出会い」とは

2017年9月15日恋と女性の生き方, 恋愛コラム

『出会い』と言うと、ある日、幸運に「顔よし、頭よし、性格よしの好条件の男性に巡り会うこと」をイメージする人も多いですが、仮にそういう男性に巡り会ったとして、誰でも心から愛し合えるものでしょうか。

条件のよい男性なら、あなたを必ず幸せにしてくれるのでしょうか。

「出会い」の本質は、心の触れ合いです。

「コンパで格好いい男性と知り合って、メルアドを交換した」「隣の部署にハイスペックな男性がいる」といっても、それは『知り合った』という程度のもので、「出会い」とはいいません。

人が本当に「出会い」という時、そこには不思議な心と心の触れ合いがあるものです。

容姿とか、収入とか、目に見える条件を超えて引き合うものを感じた時、「ついに出会った」という実感があるのです。

でも、あなたの心が閉じていたら、男性の長所や優しさを理解することはできません。

自分に都合のよい言葉や態度だけを優しさと思い込み、相手の本当の気遣いや思いやりを見過ごしてしまうのです。

「心を開く」ということは、自分を知られることを恐れず、また相手のどんな面も受け入れる余裕がある状態をいいます。

こんなことを言ったら、嫌われるのではないか。

ダサイ女と思われたくない。

そうした不安や見栄があると、どうしても他人に対して疑い深くなってしまうし、自分の気持ちを素直に語ることもできません。

すると相手にも「疲れる女」と思われて、距離を置かれてしまうのです。

また、「こんな男性はイヤだ」「男はこうでなければ」といった思い込みが強いと、たとえ目の前に素敵な心の持ち主が現れても、それと気付くことはできません。

小さな欠点をあげつらい、いつも品定めばかりしているような女性に、男性の本当の価値は分からないからです。

素敵な出会いが欲しければ、自分にも周りにも謙虚になり、他人のさりげない優しさに気付く心をもちましょう。

人の欠点を裁くのではなく、理解する側に回るのです。

それを人は「愛」とよび、愛はよりたくさんの愛を引きつけます。

愛に満ちあふれた女性は存在するだけで美しく、その心映えにあった男性と結ばれるのです。