恋するということ -恋愛の意義-

2017年9月15日恋と女性の生き方

人はなぜ恋をするのでしょう。

「動物的本能」という人もあれば、「人を愛したい」という高次な欲求からという人もあるでしょう。

いずれに人はなぜ恋をするのでしょう。「動物的本能」という人もあれば、「人を愛したい」という高次な欲求からという人もあるでしょう。いずれにせよ、心に留めておいて欲しいのは、恋愛というのは「デートするためにあるのではない」ということ。そして恋人は、「あなたを救済し、あなたの人生を満足させるために存在するのではない」ということです。

恋に多くを期待し、「愛されたい」「楽したい」という気持ちばかり優先すれば、いずれ恋を失います。なぜなら、どんな素敵な恋人も、あなたを100%満足させることはできないからです。

心の中で「あの人が好き」と思い詰めているうちは、恋は美しい夢に過ぎませんが、ひとたび恋人としての交際が始まれば、それは現実の人間関係に移行します。「現実の人間関係」とは、相手があなたのことを怒ったり、疑ったり、傷つけたりすることです。あなたと反対の事を言ったり、あなたの気持ちを無視したりして、決してあなたの思う通りにならないということです。

美しい夢の中では、恋人は完璧な人格ですが、現実においてはそうではありません。にもかかわらず、相手の良さを認め、過ちを許し、相手をあるがままに受け入れる愛を育みながら、自分自身も忍耐や寛容さ、賢さを身に付けていくところに、恋愛関係の本当の意味があるのです。ロマンチックなデートや語らいは、そのプロセスに花を添えるに過ぎません。

こうした心の努力を無視して、恋の楽しいところ、幸せな部分ばかりを追い掛けるから、いざ相手が自分の思う通りにならなかった時、相手を問いつめたり、自分の不満をぶちまけたりして、恋を台無しにしてしまうのです。

運や相性の良し悪しの問題ではありません。あなた自身の心の持ち方に問題があるのです。それを直さない限り、何度恋をしても、誰と付き合っても、結果は同じです。あなた自身が変わらない恋に、幸せな結末はないのです。

若い女の子は、痛い思いや、苦しい思いをするのが嫌いです。ちょっと辛いことがあると、もう堪えられないと騒ぎます。すぐ他人に共感やアドバイスを求める人も同じです。一人で現実と向き合いながら、じっと考えることが出来ないのです。

そうして上辺だけの楽しさや幸せだけを追い続けても、あなたはいつも不安で、満たされないでしょう。相手も自分自身も心から信頼することが出来ず、いつ捨てられるか、嫌われるかとビクビクしながら、実りのない恋愛にいつまでもしがみつき、いずれ若さも美しさも失ってしまうのです。

目の前の痛みを避けて通れば、そのツケは、老いや疲れ、孤独や挫折といった形で支払うことになります。ラクしたいという気持ちの代償は、皆さんが考えている以上に大きいのです。

辛いことや、苦しいことは、あなたに若さや美しさがあるからこそ乗り越えられるものです。言い換えれば、若い今だからこそ、辛い、苦しい現実を柔軟に受け入れ、じっくり時間をかけて、自分の至らない部分を修正していけるのです。

恋は、それが真剣であれば真剣であるほど、自分を変える大きなチャンスになります。相手に変えてもらうことを期待するのではありません。自分から変わるのです。

失敗してもいいじゃないですか。どんなにみっともなくても、自分なりに一所懸命に打ち込めば、いつか必ず愛し愛されるコツが分かります。

そのコツが分かれば、その先何十年の心の幸せを手に入れたも同然なのです。せよ、心に留めておいて欲しいのは、恋愛というのは「デートするためにあるのではない」ということ。そして恋人は、「あなたを救済し、あなたの人生を満足させるために存在するのではない」ということです。

恋に多くを期待し、「愛されたい」「楽したい」という気持ちばかり優先すれば、いずれ恋を失います。なぜなら、どんな素敵な恋人も、あなたを100%満足させることはできないからです。

心の中で「あの人が好き」と思い詰めているうちは、恋は美しい夢に過ぎませんが、ひとたび恋人としての交際が始まれば、それは現実の人間関係に移行します。「現実の人間関係」とは、相手があなたのことを怒ったり、疑ったり、傷つけたりすることです。あなたと反対の事を言ったり、あなたの気持ちを無視したりして、決してあなたの思う通りにならないということです。

美しい夢の中では、恋人は完璧な人格ですが、現実においてはそうではありません。にもかかわらず、相手の良さを認め、過ちを許し、相手をあるがままに受け入れる愛を育みながら、自分自身も忍耐や寛容さ、賢さを身に付けていくところに、恋愛関係の本当の意味があるのです。ロマンチックなデートや語らいは、そのプロセスに花を添えるに過ぎません。

こうした心の努力を無視して、恋の楽しいところ、幸せな部分ばかりを追い掛けるから、いざ相手が自分の思う通りにならなかった時、相手を問いつめたり、自分の不満をぶちまけたりして、恋を台無しにしてしまうのです。

運や相性の良し悪しの問題ではありません。あなた自身の心の持ち方に問題があるのです。それを直さない限り、何度恋をしても、誰と付き合っても、結果は同じです。あなた自身が変わらない恋に、幸せな結末はないのです。

若い女の子は、痛い思いや、苦しい思いをするのが嫌いです。ちょっと辛いことがあると、もう堪えられないと騒ぎます。すぐ他人に共感やアドバイスを求める人も同じです。一人で現実と向き合いながら、じっと考えることが出来ないのです。

そうして上辺だけの楽しさや幸せだけを追い続けても、あなたはいつも不安で、満たされないでしょう。相手も自分自身も心から信頼することが出来ず、いつ捨てられるか、嫌われるかとビクビクしながら、実りのない恋愛にいつまでもしがみつき、いずれ若さも美しさも失ってしまうのです。

目の前の痛みを避けて通れば、そのツケは、老いや疲れ、孤独や挫折といった形で支払うことになります。ラクしたいという気持ちの代償は、皆さんが考えている以上に大きいのです。

辛いことや、苦しいことは、あなたに若さや美しさがあるからこそ乗り越えられるものです。言い換えれば、若い今だからこそ、辛い、苦しい現実を柔軟に受け入れ、じっくり時間をかけて、自分の至らない部分を修正していけるのです。

恋は、それが真剣であれば真剣であるほど、自分を変える大きなチャンスになります。相手に変えてもらうことを期待するのではありません。自分から変わるのです。

失敗してもいいじゃないですか。どんなにみっともなくても、自分なりに一所懸命に打ち込めば、いつか必ず愛し愛されるコツが分かります。

そのコツが分かれば、その先何十年の心の幸せを手に入れたも同然なのです。