恋の『限界』を知る ~別れたって、いいじゃない~

2017年9月15日恋と女性の生き方, 恋愛コラム

どんな物事にも限界があります。

みながみな、必死に努力したからといって、有名女優や大リーガーになれるわけではないのと同じく、一生懸命愛したからといって、必ずしも、その人から同じように愛されるとは限らないのです。

どんなに頑張っても結ばれない時は結ばれないし、「好き」なだけではどうにもならない事が、この世の中にはたくさんあります。
でも、自分なりに精一杯がんばったら、それはそれで意味がありますし、少なくとも悔いは残りません。

たとえ惚れた男に入れ込んで、お金も仕事もスッテンテンになって泣いて帰ってきたとしても、それに納得し、あきらめもつくのです。

いつまでも気持ちがくすぶるのは、全力を出し切っていない証拠です。
「何とか出来たかもしれないのに」という思いがあるから、気持ちが前に進まないのです。

結果はあくまで結果であって、物事の全てではありません。

若い女性は、失恋でもしようものなら、「もう生きている価値はない」「私の人生は終わった」なんて落ち込みがちですが、この世には『結ばれない方がいい男性』というのも数多く存在します。
神様が先回りして、悲劇を防いでくれたのだと思えば、次の恋を探す気力も湧いてくるでしょう。

問題は、『限界』を無視して、何としても自分に有利な結果を得ようとするプライドや執着心です。
自分の過ちや限界を認めることができないのです。

『限界』を知るということは、あなたという人間を、あなた自身で認めてあげることです。

「あの人に愛されなくても、ひとりぼっちになっても、私という人間の価値は変わらないし、私の全てはOKなんだ」と心から信じられることです。

『限界』を見て見ぬ振りする限り、人は自由にはなれないし、新しい道を見つけることもできません。

『限界』を認めさえすれば、いつでも違う明日が開けてくるものです。