彼との関係にしがみつかない

2017年9月15日恋と女性の生き方, 恋と信頼関係, 恋愛コラム

「彼氏を失うこと」を異常に恐れる人がいます。
相手の気持ちもとっくに醒めて、この恋は終わったと分かっているのに、別れたくないのです。

そういう人は、相手に対する気持ちよりも、「別れたことが周囲にバレて、恥をかきたくない」とか「一人になりたくない」という思いの方が強く、しがみつくようにして関係を続けようとします。
どうにかして自分が損をせず、傷つかない方法で、見かけだけでもきれいに修復しようとするから、余計でこじれてしまうのです。

打算で人の心を操ろうとすれば、そこには憎しみが生じます。
あなたがどれほど謝ろうと、物分かりのいい振りをしようと、相手にはあなたの打算が透けて見えるので、あなたの言うこと、為すこと、全てが汚らしく見えてしまうでしょう。

恋の終わりを自覚したら、潔く身を引くことです。

自分の体裁よりも、相手の自由を尊重しましょう。

相手を自由にすることで、あなたも執着から解き放たれ、心の平和を取り戻すことができます。

クリアな気持ちでいることは、「彼氏がいる」という事実より、もっと幸せに近いものです。

相手にしがみついている限り、あなたは自分を好きになることも、尊重することもできません。

たとえ一人ぼっちになっても、誇りに思える別れ方をすれば、それは本物の自信につながり、次の幸せに道を開いてくれるのです。