「出会い」とは、外に向かって心が開かれていること

「出会い」とは、外に向かって心が開かれていること

どんな女性も素敵な出会いを夢見るものですが、あなたの心が閉じていれば、目の前に素敵な男性が現れても、それと気づかず終わってしまうものです。

「どうせ、私なんか」
「どうせ、あんな人」

そんな風に心が閉じていると、人の良さは分かりませんし、相手があなたに惹きつけられることもありません。

『出会い』とは、外に向かって心が開かれている状態を言います。

お互いの心が触れ合ってはじめて「出会い」と言うのです。

いい出会いが欲しければ、まず、人に興味を持ちましょう。
同性、異性、老若男女を問わず、優しい眼差しで見つめる気持ちを持ちましょう。

あなたが「ダサい」と感じる人にも、思いがけないたくましさがあるかもしれません。
今まで見過ごしてきたものの中にこそ、あなたの求めるものがあるかもしれないのです。

周りの人の良さに気付かず、感謝もせず、ぶっとムクれて心を閉ざしている限り、どんな素敵な男性であっても、心を通わすことはできないのです。

Amazon Kindle 電子書籍

7/15 改訂版 「あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」 を追記

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.blog/oya-book

Scroll Up