「幸せについて考える」ということ

2017年9月15日恋と女性の生き方

人間、必ずしも幸せになる必要はないけれど(「幸せでなきゃダメ!」と思い込むと、それもまた不幸の元になる)、何が自分にとって幸せか、真剣に考えることは決して無駄ではないと思います。

なぜかと言えば、「自分が本当に欲しているもの」「自分に本当に必要なもの」が見えてくるから。

世の中の多くの人は、「自分のことは、自分自身が一番よくわかっている。私は望み通りに生きている」と思い込んでいるけれど、突き詰めれば、意外と的外れな方向に走っていたりするものです。

本当は負けを認めるのが怖いのに、相手を落とすことに必死になっている人とか。

本当は愛し愛されたいのに、男は必要ないという誰もが納得ゆく理由を並べて周りに言い聞かせる人とか。

そのまま押せ押せで人生を終わっても損はないかもしれませんが、自分にウソをつき続けた悔いはどこかに残るんじゃないかと思います。

「人生を無駄にする」ということは、人より不幸に負けて終わることではないです。

本当の自分を理解しないまま、言い訳に埋もれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことです。

たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せです。