どんな恋もいつか終わる

どんな恋もいつか終わる

どんな恋もいつか終わります

どれほど相手が好きでも、どんなにラブラブでも、いつか必ず「終わった」という日が来る。結婚して一生添い遂げない限りは。

だから、恋が終わりかけた時、もちろん自分の行動や心の持ち方を省みることは必要だけども、必要以上に嘆いたり、落ち込んだり、相手を責めたりしても仕方ないのね。

その人は、「一生添い遂げる相手」じゃなかった、ということ。

どこかでそういう諦念を持たないと、いつまでもヘビのようにグルグルグルグルとぐろを巻いて、自分も相手もがんじがらめにしてしまう。

これ、一番、やっちゃいけないことです。

そしてまた、自分に絶望して、生きる気力までなくさないで欲しい。

あなたが悪いのではなく、相手がどうしようもないバカ男、ということも、往々にしてあります。

あまり嘆いてばかりいると、ますます真実が見えなくなってしまう。

真実が見えないことは、苦しみのもとです。

繰り返し、断言しましょう。

たとえ万人が振り向く絶世の美女であろうと、聖母のごとき素晴らしい女性であろうと、相手が「一生添い遂げる人」でなければ、どんな恋も終わります。

それが「縁」というものの不思議です。

恋に夢中になっても、心のどこかでそういう諦念をもってください。

そうすれば、小さな冷静さが、あなたを賢くし、潔い、スマートな女性に育ててくれると思います。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book
Scroll Up