40代になるのが怖いアナタへ I’m Every Woman / ホイットニー・ヒューストン

これからいよいよ40代……と思うと、胸にズシンとくる女性は多いでしょうね。
30代までは、化粧や服装でなんとか誤魔化せても、40の坂を過ぎると、もう二度とキラキラした容姿には戻りしませんし、家庭でも、職場でも、辛い、面倒な事が増えて、一番心身にダメージを受ける時代じゃないかと思います。

私も二十代の時、職場の先輩から「女は四十代が一番キツイ」とさんざん聞かされて、そうなのかな~と他人事のように流してましたけど、「ああ、これがその事か」と思い知らされることはたくさんありました。

「うるさいな」と感じることもありましたけど、あの時、いろんな「おばさま看護婦」に諭され、叱られしてきたことに今ではとても感謝しています。

ある意味、十代、二十代の若い時期に、「この子に言っても聞かないし、言うだけ無駄」と目上の人に見切りをつけられるって、怖いことですよ。一番、物事を学ばないといけない時期に、教えてくれる人を失うわけですから。

中には変な人もあるだろうけど、皆が皆、くたびれたオッサン、オバハンという訳ではなく、どんな人にも年を重ねたなりの知恵やノウハウがありますから。何でも、誰からでも、吸収する気持ちがあれば(時には反面教師として)、四十代になった時、いろんな形で支えになるのは本当です。

話それましたが・・

四十代になるのが怖いアナタに声を大にしてお伝えしたいのは、四十代のうちに自分の一番大きな夢を叶えることですよ。

五十代でも、六十代でも、できなくはないですが、体力的に非常に難しいですし、健康管理が悪ければ、早々と死ぬこともあります。

「また今度」「あれが一段落したら」と言ってる間に、活動時間はどんどん失われていきます。

十代、二十代には「来年」という言葉があるけれど、五十過ぎれば、「来年」などと言っておれなくなる。

どんな健康な人でも、人生の終末に向かってカウントダウンが始まりますから、実質的に人生の夢を叶える最後のチャンスなんですよね。四十代は。(ヨーロッパ旅行するとか、資格試験に挑戦するといった目標とは別)

中でも、一番おすすめしたいのが、「少女時代の夢を叶える」という事ですよ。

今の世の中、小学校の卒業文集に書いたことを、今も忠実に実行し、形にしている人間が、どれほどいることやら。

「小学生の夢なんて」と思うかもしれませんけど、そこに自分の人生の原点があるわけですからね。

それを裏切り、忘れ、自分に言い聞かせても、心の何処かでは必ず記憶し、拘っているはず。

そのままグジグジ終わるよりは、一か八かでチャレンジした方が、何もしないよりずっといい。

今、自分の手の中にあるものを見回して、本当に自分の力で成し遂げた・・と納得できるようなものが幾つあるか、って事ですよね。その中には、家族や友人も含みます。

もし「やり残した」と思うことがあるなら、今すぐに始めることです。

もう、四十過ぎたら、時間は待ってくれません。

若者と同じように「明日」という日は無いのです。

今日がいつでも『最後の機会』と腹を括って、恐れずにチャレンジして欲しいなと思います。

そんな私のオススメは、ホイットニー・ヒューストンの『I’m Every Woman』です。

まさに80年代から90年初めにかけての、イケイケな女の時代を象徴するようなパワフルなヒット曲です。

元はチャカ・カーンの代表曲ですが、ホイットニーがよりポップにアレンジして、世界中で一世風靡しました。

私も今、ホイットニーに「一緒に踊ろう」と言われたら、後列で踊ってそうな気がしますわ。
なんか、本当に、この歌がしっくりくる心境に達したな、と、つくづく。

和訳はこちらにある通り。『Every』の訳し方で、どうとでも解釈できる素敵な歌詞です。

https://lyrics.red-goose.com/im-every-woman-whitney-houston/

一般には、「Every Woman=私は全てをもっている女」と言われますが、「全て」というのは、美貌や地位や能力のことではない。女性らしい強さや優しさ、知恵、機転、一方で、弱さや脆さ、焦り、不安、嫉妬など、いろんな側面を併せた「全て」という意味でしょう。

ホイットニーも「私は美人で、金持ちで、才能のあるアーティストなのよ」と自慢する為に歌っているわけではありません。

私は強いところもあれば、駄目なところもある。でも、それらもひっくるめて、『女性』である自分が好きだし、これからも、何にでも挑戦して、自分が満足いくように生きるの、と宣言してるわけ。

上記のリンクにもあるけれど、 

I ain’t braggin’
‘Cause I’m the one
Just ask me
Oh, it shall be done
And don’t bother
to compare
I’ve got it

私は自慢してるわけじゃない。
なぜって、私は「One」(この世で唯一の存在」だから
自分の胸に聞いてみて
それはきっと成し遂げられる
他人と比べて くよくよしたりしないで
私は it を持ってるんだから

it というのは、何かを成すに十分な、気力や知恵、いろんなパワーを持っている、と解釈してもいいかも。

つまり、他と比べて、自分を疑ったり、落ち込んだりしなくても、あなたには既にそれをやり遂げるパワーが備わっているはずよ、という応援歌です。

四十代に限らず、人は何にでも言い訳したがるものだし、いろんな理屈をこじつけて、納得しようとするものです。

でも、言い訳や理屈の果てに何が残るかといえば、いつまでたっても自分を肯定できない苦さだけなんですね。

そんな苦さを胸の奥に抱えたまま、人生を終わりたいかと問われたら、多くの人は首を横に振るはず。

ならば、今一度、子供時代に帰って、「やりたい事は何ですか~」「やり残したことは無いですか~」と問いかけるのも一つの手だと思うのです。

どうせなら、小学校の卒業文集を書いている自分に、胸張って自分の人生を語りたいじゃない。

四十代って、自分の人生の終わりが具体的に見えてくるから、ある意味、生まれ変わる大きなチャンスだし、また、その気づきを実行できるだけの気力も体力も残されています。

ぼやぼやしているヒマはありません。

年をとって、いよいよ人生の終わりが差し迫った時、人間の後悔や絶望や疎外感に効く薬など、本当にないんですよ。

元祖、チャカ・カーンの I’m Every Womanはコチラ(YouTube)

実は私、チャカ・カーンを間近で見たことがあるんです。

琵琶湖オールナイト・ジャズ・フェスティバルを見に行った時、友人らと雑木林の外れで休憩していたら、突然、連れの男性が「チャカや! チャカがおる!」と騒ぎだしてね。私、てっきりヤクザかと思ったの。チャカって、古いヤクザの言葉で「拳銃」のことなんね。ハジキとも言うけどね。

そしたら、複数の黒づくめの男性に囲まれた外国人女性が、一メートル目の前をすーっと歩いていって、それがチャカ・カーンだったんです。周りの男性はスタッフとボディガードでしょう。

あの時、しっかり顔を見ればよかった・・・と後悔。

最後に素敵な言葉を……

私はずっと以前に、誰の影の中も歩かない=誰かの二番煎じにはならないと決めた。
(失敗しようと、成功しようと)
少なくとも、自分が信じたようにやってきた。

結局、確かな手応えとして感じ取れるのは、周りの流行や評判に流されず、自分信じるスタイルを貫いてきた、という自負でしょうね。

ホイットニー・ヒューストン

Photo : http://oldschool1003.hellobeautiful.com/2436470/whitney-houston-quotes-memes/

ウォールの画像 http://goo.gl/IZXEeY