「いい子」って、何が決めるの?

「いい子」って、何が決めるの?

どうすれば「いい子」に育つのか。
これって、親にとっては、永遠のテーマでしょうねえ。

ところで、「いい子」か、そうでないかは、誰が決めるのでしょう。

親ですか。

他人ですか。

親ならたいてい、自分の子は、「いい子」だと思ってるでしょうし。

……となると、私たちが、「いい子」という言葉を口にする時、そこには、「他人も認めるいい子」というニュアンスが含まれているのではないか、と思います。

自分一人が「いい子」と思っていても、他人様はそうは思ってない――そのような場合は、「親バカ」ってことになってしまいますものねえ。

「いい子」。

その対義語は、「悪い子」。

じゃ、「いい子」の枠内に入れなかった子は、「悪い子」で、親も子もダメってことなんでしょうか。

それも変ですよね。

毎日を自分らしく生きているだけなのに、上から、「いい」だの「悪い」だのって、評価されている子どもは、本当に気の毒です。

雲の上の神様だって、そんな意地の悪い見方はなさらないですよ。

神様は、ひたすら、人間を信じ、愛して下さる。

親もそれでいいんじゃないかと思います。

親が我が子を信じてやらなかったら、誰が我が子を信じてくれるんですか?

「いい」とか「悪い」とかじゃなくて、子どもは子ども、我が子は我が子です。

本当に、ありのままを愛していたら、「いい」とか「悪い」とかって言葉は出てこないと思うんですけど。

でも、親って、「いい子」という言葉に弱いんですよね。

欲があるからでしょうね。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book
Scroll Up