映画『ゲッタウェイ』と犯罪者の逃避行

スティーブ・マックイーン主演の映画『ゲッタウェイ』が上映された時、アメリカでは賛否両論だったそうです。

なぜなら、主人公とヒロインが演じる銀行強盗はまんまと大金をせしめて国境を越え、海外逃亡に成功するから。

Wikiにも少し記載があります。

実際日本で公開されたときは、二人は国境を越え脱出に成功するが、スペイン版とアメリカ版(アメリカでは州法の規定により違う)では、エンディングが若干異なるところがあるという。

私はこの話を父親から聞きました。

『ゲッタウェイ』がTVロードショーで放映された時のことです。(確か1978年)

アメリカの映画には表現の自由があるが、絶対にやってはいけない事が二つある。

一つは、子供が殺害される場面を描写しない。

もう一つは、犯罪者のハッピーエンドを描かない。

前者の「子供が殺害される場面」については、シチューエーションとしてはOKです。
たとえば、「主人公の息子が殺されてしまう」という設定です。

でも、映画の中で、子供の身体にナイフが突き立てられたり、弾丸が当たってばーっと血が飛び散るような場面は絶対にNG。

描くとしたら、

ママの留守中に犯人が侵入。クローゼットに隠れる子供。

しかし、犯人が物音から子供の存在に気付き、クローゼットの扉を開ける。

「キャーっ」と叫ぶ子供。

振り上げられるナイフ。

ここで一旦、カット。

次の場面。

廊下に点々とする付いた血の跡。子供が倒れていたことを示唆する白線の人形。
指紋や写真をとる捜査員。

「あっ、ジョンソン警部。見て下さい、ヤツのいつもの手口です。ほら、ここにも、ここにも、血の跡が・・」

「ひでぇ事をしやがる」

状況から観客は子供が惨殺されたことを知るという流れです。

ストーリー上、「子供が殺された」はOKでも、殺害の場面を描くことはNGなんですね。

後者の「犯罪者のハッピーエンドを描いてはならない」というのも同じく倫理上の問題です。

人殺しが裁きを逃れて最後はルンルンと幸福になったり、銀行強盗が大金持ちになってカリブでのんびりバカンス・・というようなエンディングは許されない。

もちろん、「殺人をおかす主人公」は登場しますが、たいがいLEONみたいに途中で死ぬか、逮捕されて温情家の警察官に「情状酌量の余地があるから五年ぐらいで済むだろう」みたいな話になるか、いずれにせよ、何らかの形で罰を受けて、無罪放免=ハッピーエンドにはならない。

そういう決まり事があるんですって。

今はどうか分からないですけどね。

最近のハリウッド映画も、AVまがいの濡れ場を演出したり、よくもこんな残酷な事を次から次に思いつくわ、みたいな拷問シーンが連続したり。

中には『テキサス・チェーンソー・ビギニング』みたいに、何が楽しくてこんな作品を作るんだか──と思いつつ、最後まで見てしまう自分に腹が立ったり、『死霊の盆踊り』みたいに、「芸術とは何か」を改めて問いたくなるような奇人変人大集合みたいな作品があったり。

人間は何をどう表現しようと自由だし、それを評価するのも自由なら、Amazonコレクターズで15000円で売りに出すのも自由でしょう。(死霊の盆踊りを15000円で買うヤツがおるんか・・)

でも、一見、何でもありに見えるハリウッド映画にも「絶対にやってはいけない約束事」があり、作り手もその理由に納得して遵守しているのは、安心感があり、信用があります。

モラルという言葉はしばしば「規制」とワンセットに語られ、逆に、「自由」とは相反するものとして捉えられる。

そして、表現においては「自由」こそ美徳であって、「モラル」は背かれるのが宿命でしょう。

でも、それはあくまで「個」の中の話であって、そこに社会的な意味が加われば、モラルを無視するわけにゆかない。

映画『ゲッタウェイ』も銀行強盗カップルのロマンティックな逃避行だけども、それを『是』としないモラルが遵守されるからこそ、社会においても「銀行強盗」は悪と断罪され、裁かれる。

このモラルが各々の身勝手な言い分で無視されたら、そこには法も秩序も無くなるのだと思います。

これはロードショーの解説者が仰ってたのですけども、「『ゲッタウェイ』の犯人は追っ手を振り切って逃げおおせることができたけど、最後に二人を国境まで乗せたトラックの男は、もしかしたら、マフィアの報奨金目当てに二人の行き先を密告するかもしれないし、あるいは警察に垂れ込むかもしれない。いずれにせよ、この先にも『安住の地』はない、という含みを持たせている」

私も記憶が曖昧なのですが、「逃げおおせたのは今だけ、先のことは分からんぞ」という含みによって、かろうじて上映が許可された・・というような話だったと思います。

何にせよ、何所に逃げても、一瞬幸せになっても、罪はどこまでも追いかけてくる。

世間が忘れ去っても、自分の良心はいつまでも憶えている。

自分が罪を知る限り、この世の何所にも安住の地はない。

そして、その恐れと苦悶こそが『罰』だと。

ドストエフスキーはそう書いてませんでしたかね?

罪と罰は永遠の影のように付いてくる。

誰をも救わない者は、自分自身も救うことはできないのです。

*

『ゲッタウェイ』のエンディング。

「愛のテーマ」は私の大好きな映画音楽の一つです。

こちらがクインシー・ジョーンズのバージョン。
とてもロマンティックで綺麗です。


これをTVで見て、マックイーンは二度惚れしました。
共演のアリ・マックグローと二度目の結婚をしたけども、離婚したんですよね。。。(子供心にも、そういう事だけよく記憶している)

Photo:http://www.imfdb.org/wiki/Getaway,_The_(1972)