親も自分の生き方にフォーカスする ~自分が克服すべき問題を子どもに重ね見ていませんか?

親も自分の生き方にフォーカスする ~自分が克服すべき問題を子どもに重ね見ていませんか?

人間関係を円滑に運ぶコツは、適切な心の距離を置くことです。

近すぎてもいけないし、離れすぎてもいけない。お互いにとって、プレッシャーにならず、また薄情でもない、程よい距離感が好意を長続きする秘訣です。

親子関係にも距離は必要です。常時、世話が必要な幼児ならともかく、思春期にもなれば、自分の空間、自分のプラン、自分の好みなど、全てにおいて親の指示より『自分』が優先されるようになります。必要以上に踏み込めば、不愉快に感じるのは、大人も子どもも同じです。

どうしても子どもにかかずらうようであれば、親も自分の事にフォーカスしましょう。

それは子どもを無視して、自分の事だけすればいいという利己主義とは違います。

自分にフォーカスする意味は、これまでの自分自身を振り返り、まずは自分の人生をきっちり生きるという意味です。  

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。