自殺志願の方に接する場合の覚え書き

子供が「死にたい」と言った時、親はどう対応すべきか ~自殺志願者に接する場合の覚え書き

なぜ子供は「死にたい」と言うのか

自殺について考える時、「大人の自殺」と「子供の自殺」は分けて考えなければなりません。

大人の自殺は、「お金がない」「仕事がない」「安心して住める場所がない」「頼れる家族も知人もない」「健康でもない」等々、社会的要因が非常に大きなウェイトを占めます。

失業、離婚、孤絶、破産といった社会的要因が心の危機を引き起こし、自死へと駆り立てる場合、要因を取り除くには、医療、福祉、行政、司法といった、複数分野の連携プレーが求められ、励ましや慰めでどうにかなるものではありません。具体的に生活を保障し、就職や入院、補助金申請や社会参加など、非常に多くのプロセスを必要とします。

それに対して、子供の自殺は、生活がかかってない分、比較的簡単に環境を変えることができます。心の負担となっている塾やお稽古をやめる、いじめグループから引き離す、学外の児童支援サークルに参加する、家族のライフスタイルを見直す(親の勤務や食生活など)、等々。

親の虐待や生活苦が引き金になっている場合は、親の人生も含めて支援が必要な為、そう簡単にはいきませんが、両親の経済状態も安定し、目立って社会的な問題もない場合、家庭内の工夫で変えられることも多いので、大人の自殺に比べると、まだ手を差し伸べやすいところがあります。

言うなれば、周りの大人が本気を出せば、助けられる可能性は非常に高いわけですね。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。