人との出会いと運命と

2017年9月28日メルマガ書庫

人との出会いって本当に不思議なものです。
近頃、特にそう思います。

『他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車はまた別の人間の歯車を回してゆく──それを思うと、人と人を出会わせ、結び、また別れさせてゆく運命の流れとは、一体いかなるものかと考えずにいない。人は個々に独立した存在だが、それは確かに人智を超えた次元で人と人を繋ぎ、大いなる力で人を支配しているのだ』

最近、書いた原稿の中の言葉です。
このような事が、この数年の間に、何度となく繰り返されました。
その数奇さを思う度、私は私を支配するFortuna(運命の女神)の姿を心に浮かべずにいません。