不平不満の伝えた方

不平不満は自分主体で伝える ~「わたしは、こう思う」

多くの人が苦手とするもの――それは不平不満の伝え方だと思います。

とりわけ日本は同調圧力もあり、個人の意思よりコミュニティの意見統一が重視されるところがありますから、皆がYesと頷く中、自分だけNoと言うのも大変な勇気が要るのではないでしょうか。

参考記事
Noと言わせない女性 罪悪感で人を支配しない

意思表示するのが苦手な方は、自分主体で伝えることを意識すれば、相手に大きなプレッシャーをかけることなく、自分の希望を伝えられるようになりますよ。

自分主体というのは、「私はこう思う」という言い方です。

たとえば、重たい荷物を二階に運んで欲しいとしましょう。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。