詩想

『淋しさはどの方角からやってくるのでしょうか』 #『質問』の答え

2017年9月14日
鴨 親子
https://flyingquestions.tumblr.com/post/162545319890/淋しさはどの方角からやってくるのでしょうか

申し訳ないけど、食卓です。

これは愚答ってものでしょうか。

でも、本当に申し訳ないけど、食卓なのです。

師匠も言ってますよね。『家というものが運命化した共同体だと思っている人にとって……』。

結婚は意図的だけど、家族は偶発的なものです。

我が子といえど、自分で意図して「こういう子が欲しい」と、一から十まで作り上げたわけではありません。

子供が「親を選べない」と思うように、親だって「理想の我が子」など作れません。

確かに結婚は意図的だけど、その結果として生じる家族に関しては、どこまでも自分の意図とは関係ないのですよ。明るくて勉強熱心な子供が欲しいと望んでも、そうそう思う通りにはなりませんから。

そんな中、夫婦で齟齬が生じるように、親子だって、わかり合えないことの方がうんと多い。

今日、学校で何があったか、友達といつも何を話しているのか、隅から隅まで知り尽くし、今日履いている下着の色まで言い当てられる親など皆無でしょう。幼児ならともかく。

それほどに曖昧な繋がりであるのに、夫婦は何でも理解し合わなければならない、親子はいつでも愛し合わなければならない、といった、「ねばならぬ」という考え(半ば強迫観念)が、逆に、憎悪を掻き立て、家族間に隙間風を吹かせているような気がしてならないのですよ。

子供だって、親に過剰に期待しているから、「親、ムカつく」というわけで、「偶然居合わせた宿命的関係」ぐらいの気持ちなら、怒りも失望もしないのです。

ゆえに『淋しさ』というのは、家庭内で感じることの方が圧倒的に多い。

それは「会話がない」とか「仲が悪い」といった類いの淋しさではなく、『宿命』と『己』の間に吹く隙間風とでも申しましょうか。

家族というものについて考える時、結局のところ、自分と異なる誰かを完全に理解することは不可能だし、相手に代わって痛みや悲しさを引き受けることもできない、にもかかわらず、「絶対的に仲よく」みたいな、あの強迫的な雰囲気は何なのかと問いかけずにいません。

そして、淋しさというのは、愛のない所には、決して感じないのです。

寺山修司 気球乗り放浪記
気球乗り放浪記 (1975年) 読売新聞社

「『質問』の答え」の答え

 

2017/09/15追記

https://flyingquestions.tumblr.com/post/165358708010/淋しさはどの方角からやってくるのでしょうか-質問の答え-sanmariecom

人って、辛いことがあると、わざと忙しくすることがあるでしょう。絶え間なく予定を組んで、絶え間なく動き回って。

それはきっと、忘却だけが心を癒やすということを知っているからでしょうね。

忙と心と忘却が連なっているのは、なかなか興味深いです。

詩の投稿(50年遅れ)

詩の中で

私の居場所は
詩の中にしかないから

淋しい時も
謳いさえすれば 生きてゆける

たとえ 世界が
振り向いてくれなくても・・

閉じた詩集に 頭をもたせかけ
魂の羽音を聞く

心ひとつで 生きてゆく

「詩」という名の 魂のふるさと

*

昔、書いた杵柄。師匠によろしく。

Lawrence Alma-Tadema
Lawrence Alma-Tadema タイトルは分かりません・・

You are here

エッセー > 詩想 > 『淋しさはどの方角からやってくるのでしょうか』 #『質問』の答え