相田みつを的子育て

2017年9月15日子育てコラム

子供の言いなりになるのはラクだ。

欲しがるだけ、甘いヨーグルトを与えておけば、子供は始終、機嫌がいいし、私も癇癪の相手をせずに済む。

世の中には、「お母さんをラクにする方法」なんて子育て論がいっぱいあるけど、それなら、子供の言いなりになるのが一番ラクではないか、という気がする。

子育てしていると、必ずと言っていいほど、

「一個ぐらい」
「一日ぐらい」
「100円ぐらい」
「一回ぐらい」

という場面に直面する。

それが良い時もあれば、悪い時もあり、私にはその線引きの仕方がよく分からない。

多分、一生考えても、「これが正しい」なんて結論には達しないような気がする。

誰もがみな、いつもいつも、適切な判断を下せるわけではないし、「何が正しいか」なんて、実のところ、後の後になってみないと分からないことで、自分ではそれが正しいと信じていても、結果はいつでも思いがけない方向に転がっていくものだ。

かといって、親の試行錯誤が全くムダかといえば、そうではなく、生きること自体が試行錯誤の繰り返しと思えば、あの失敗も、この間違いも、実に人間らしい積み重ねと思えたりする。

そして、その「人間らしさ」というのは、最終的に、「哲学」という形で、子供に返ってくるのではないだろうか。

少なくとも、私は、自分の親を見ていて、そう感じる。

理屈どおりに、善悪を判断するのは、コンピュータ。

何が起ころうと、無関心なのは、サル。

「どうしよう」「どうしたらいい」と迷うのが、人の子の親。

この世に、完全無欠な子育てなどあり得ないし、またそのように育てられる子もあり得ない。

どうあがいても、私たちは、人間以上のものにはなれないのだから、せめて、自分に与えられた知恵と力の範囲で、精一杯、臨むしかないような気がする。

育った子供が欠点だらけとしても、人間の子供なんだから、それでいいんじゃないか。

ちなみに、相田みつをさんの作品は、

『つまづいたって いいじゃないか 人間だもの』

です☆