子供の反抗は『親の否定』で

前述の文章を読んで、「親殺しとは何事か、親を捨てて出て行くなど、けしからん」と思われる親御さんもおられるかもしれません。

しかし、ここで述べている『親殺し』とは、あくまで心の作用であり、現実に親を殴り殺せとけしかけているわけではありません。

幼い子どもにとって、親は『神』に等しいものです。善悪の価値観、生き方、箸の上げ下ろしからトイレットペーパーの使い方に至るまで、親の影響を受け、その支配下に置かれます。その神に逆らい、新しい価値観を構築して、自分の望む道を進むのは『殺し』にも等しい恐怖です。こんな恐ろしいことを企てるぐらいなら、親に支配され、罵られても、奴隷でいようとする子どももあるでしょう。そこまで従順でなくても、なんとなく親に言われるがままにする人も少なくないと思います。反抗するより、従順でいる方が、労苦も少なくて済むからです。

その点、真っ向から反抗する子は、気概に溢れ、バイタリティも強いのかもしれません。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは電子書籍、もしくは有料マガジン(note.com)を購入した方向けのコンテンツになります。
詳しくは有料マガジンについてをご一読下さい。

上記の記事は、有料マガジンとして配信しています。詳しくは note.com の案内ページをご参照下さい。
なぜあなたの恋は上手くいかないのか