SEARCH

「子供の自立」の検索結果5件

プライバシーポリシー

日本の法令遵守に基づき、当サイトのプライバシーポリシーをここに明記します。 サイト情報 サイト名  sanmarie*com 恋と生き方のエッセー サイトアドレス https://sanmarie.me 運営者 石田朋子(阿月まり) 連絡先 web◎novella.works サイトの内容 恋愛と女性のライフスタイル。幼児育児と子供の自立、親子関係と思春期に関するコラムを掲載。 外部サービスによる […]

精神的親殺しとは何か 子供の自立と親子対決 ~河合隼雄の著書【家族関係を考える】より

世の中にこれほど『親死ね』『殺したい』を願う人が存在するのも一驚でしょう。何も知らない人が見れば、誰も彼もが殺意を抱いているのかと恐怖を感じるかもしれません。しかし、こうした人々は本気で親の死を願い、殺す方法を模索しているのでしょうか。その理由について考察することが、親子関係をやり直すきっかけとなり、子供の救いとなります。

子供の自立は罪ではない ~親子関係は『距離』が解決することもある

親から離れることが叶っても、親の影は一生ついて回ります。辛い記憶も、憎しみも、心からすっかり払拭されることはないでしょう。それでも人は光に向かって進むことができます。怒りや憎悪に生きるより、生き甲斐や悦びや友情を大事にした方が、うんと幸せだと思いませんか。

子育てのゴール ~子供が「大人になる」ということ

子育てのゴールは、成人して、いい会社に就職したり、独立して所帯をもったからといって、「大人になった」訳ではありません。何歳であっても、心の成熟なくして「大人」とは言えないし、また年若くても、精神的に成長する子はいます。年齢や能力や条件だけが大人の条件ではありません。一番大事なのは、親を一人の人間として理解し、受け入れることです。

十八歳の決断・人は二度生まれる  ~いかに親から離れて自立するか~

フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソーの名言に「人は二度生まれる。一度目は存在するために。二度目は生きるために」というものがあります。心身ともに成長し、『自分』というものが頭をもたげてきた時、親を乗り越えて前に進むか、生涯、無力感や無能感にとらわれて人生を棒に振るか。そこが大きな分かれ目です。