SEARCH

「出会い」の検索結果27件

出会いが欲しければ、隣の席は空けておく ~一人で行動しよう

男性が声をかけやすいのは、女性が一人で居る時です。いつも仲間とべったり、女子同士で騒がしくしても、男性はますます近寄りがたく感じます。いい出会いが欲しければ、必ず隣の席は空けておくこと。ガードの堅い女性も少なくないですが、本当にいい出会いが欲しければ、精神的にも物理的にも相手が入り込むスペースが必要です。

いい出会いは『運』と『縁』が味方する

いい出会いとは、不思議と周りに助けられ、成就するものです。途中で上手くいかないことがあっても、冷静に、これまでの過程を振り返ってみて下さい。何が何でも上手く行かせようとしたら、それこそ気持ちもこじれてしまいます。時には自然な流れにまかせて、二人の絆を信じましょう。

「幸せな出会い」とは条件ではなく、心の触れ合い

いい出会いとは、ハイスペックな男性と知り合うことではありません。心と心が触れ合うような魂の体験をすることです。いつも男性の品定めばかりしている女性に男性の本当の価値は分かりません。本当に心ばえのいい男性と出会いたければ、まずは、自分自身が思いやりや優しさを理解できる人間になりましょう。

精神的親殺しとは何か 子供の自立と親子対決 ~河合隼雄の著書【家族関係を考える】より

世の中にこれほど『親死ね』『殺したい』を願う人が存在するのも一驚でしょう。何も知らない人が見れば、誰も彼もが殺意を抱いているのかと恐怖を感じるかもしれません。しかし、こうした人々は本気で親の死を願い、殺す方法を模索しているのでしょうか。その理由について考察することが、親子関係をやり直すきっかけとなり、子供の救いとなります。

自分が死んではつまらない ~死ねば可能性はゼロになる

自立前の子どもにとって、親に考えを否定されたり、願望を妨害されることは「親を殺すか、自分が死ぬか」というくらい深刻なものです。反抗やワガママと責めるのではなく、親の側にも非がないか、これまでの経緯を振り返ってみて下さい。子供が口答えする間は、関係修復のチャンスが残されています。憎悪が本物になれば、殺人や自殺といった最悪の転機を辿ります。

『愛』って、何? なぜ愛について考えなければならないの? 

「恋人ができれば、愛し合っている」と思い込んでいる女性も少なくないですが、愛は、頭の中であれこれ思い描いて、理屈で悟るものではないし、彼氏ができれば自然に身に付くものではありません。彼氏ができてもデートの楽しみばかりで、人間関係について考える心構えがなければ、すぐに壊れてしまいます。

いい男と知り合うことが「出会い」ではない

「出会い」と言うと、「自分の理想の男性に巡り会うこと」と思い込んでいる女性も少なくないですが、自分の好みのタイプにこだわれば、身近に素晴らしい人がいても、その人のよさに気付くことなく終わってしまいます。出会いとは、相手の美点に気付くこと。心が触れ合うことをいいます。