『40代は最高』もう怖いと思わない

2017年9月15日恋と女性の生き方

40代になっても若く美しくありたい、年を取って劣化するのが怖い・・という人、けっこうありますよね。

自分が若い時分に、「尊敬する年配の女性」に巡り会わなかった人ほど、そういう気持ちが強いのかな、とも思います。

自分たちが小馬鹿にしていた「オバサン」に、いよいよ自分自身がなるわけですからね。

それに40代って、美貌よりも体型よりも老いよりも、何よりも大事なものがあります。

何かと言えば『健康』。そして『無事故』。(私の場合、車を運転するので)

40代って、まだまだ若いような気がしますが、突然の病気で亡くなる人も少なくないんですよ。

あるいは慢性病に陥って、美味しいものをお腹いっぱい食べられなくなったり、寝ても覚めても身体がだるくて不快だったり、他の人みたいに働いたり遊んだりできなくなったり、ね。

これが70代、80代なら諦めもつきますが、40代って、まだまだ社会の中核で活躍できる年齢だし、家庭や職場での責任も重い。

何より、これからまだ30年、40年と人生が続いていく。

まさに道半ばです。

まだ折り返したばかりのところで健康問題を抱えると、残りの人生も病に楽しみを奪われるし、皆がまだ生き生きと働いたり、遊び回っている中、自分だけが体力的に衰えて何も出来ない挫折感も味わいます。

だから、本当に一番留意すべきは、『健康』の維持なんですよ。

銀行預金に喩えれば、今まではザクザク積み立てできたけど、これからは徐々に減っていく一方。

だから、できるだけ長く、たくさん維持するのが、本当に人生のやりたい事を完遂するための最重要事項。

前に「リーマン予想」という数学界の大難問い挑む高齢学者のドキュメンタリー番組を見ましたけど、毎日ルームランナーでがっぷりジョギング。

そりゃそうですよね。

天才的な頭も、それを支える体力が無ければ意味半減。

最後は『寿命』=『持久力』の問題ですから。

私も病院勤務しながらつくづく思ったけども、結局、元気で長生き、70代になっても80代になってもピンシャンして、演劇ショーだの露天風呂だの、余生を楽しんでる人が勝ちですよ。ついでに夫婦仲も良ければ、カンペキ。

若い時、どれほど美しかろうが、男にモテようが、一財産築こうが、社会で認められようが、「終わり悪ければ、すべて悪し」というんですか。

最後は病気と孤独に泣かされ・・って、本当に惨めです。

自然に老いて、肝臓ぽしゃって、「それでは皆さん、さよーなら」「わーん、おばあちゃーん」で終わればいいですけどね。

***

女性の40代について、女優のキャメロン・ディアスさんがCNNのインタビューで味のある回答をなさってました。

キャメロン・ディアス、40代は「最高」
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35050270.html

ディアスは8月30日で42歳。

インタビューでは「41歳の自分が大好き」「恐怖心とか、たくさんのくだらない物がはがれ落ちる最高の年齢。女性はこの年になると物事の進め方が分かったり、そんなことにはこだわったりしなくなる。もう怖いとは思わなくなる。男性がどう思うかなんて気にしない。時がたつと恐ろしいことが起きるという不安はなくなる」と語った。

今もキャリア第一のディアスだが、私生活でも今の自分に満足しているという。
子どもを持たない理由は「仕事があまりに増えるから」。

「自分の傍らに自分が責任を持つべき命を持つということを、私は選ばなかった」「私にはその方がやりやすかった。赤ちゃんは1日中、毎日18年間(の育児が必要)。赤ちゃんを持たない方がずっと事が簡単になる。でもそれは簡単に決められることではなかった」と振り返る。

「誰かを守るのは好きだけれど、母親になりたいと強く思ったことはない。ほかの誰よりも簡単にそうでいられた。人生につらい時がなかったわけではないけれど、私は私」「今は自分にとってうまくいっていると思う。たくさんのことをやってきたし、もう気にしなくなったから」

キャメロンみたいに、美容と痩身に億単位のお金をかけられて、女優でも大成功を収めたセレブだから、こんな事もサラリと言えるんだろうな、という部分もありますが、『もう気にしなくなった』というのはその通り。

その他もろもろに対して達観するというよりは、自分のやりたい事、やるべき事がハッキリして、「心おきなく集中できる」という点が大きいと思います。

今までは目の前に美味しいご馳走がいっぱいあって、「ど・れ・に・し・よ・う・か・な」だったけど、40代になり、選択肢が狭まり、ある程度、先も見えてくると、かえって『欲』や『見栄』の部分が無くなり、自分にとっての『これ』に全力を傾けられるようになるんですね。

40代になっても、やりたい事、やるべき事がなければ、「20代~30代、何をやってたの?」と言われるだけですが。

で、とあるニュースサイトに載っていたコラムによると、これが50代になると、いっそう縛りから解放され、精神的に自由になるそうです。

それも分かるような気がします。

いろんな負荷や欲が削げ落ちて、自分の「核」が見えてくるのが40代かもしれません。