40代をいちばん素敵に美しく過ごすコツ? ~年相応でいいじゃない~

2017年9月15日恋と女性の生き方, 女性の生き方

40代関連の本を物色しながらつくづく思う。なんで、そんなにキレイでいたいの? いつまでも若く美しく見れたたいと思うの? って。

40代シングルが婚活するために美しくありたいと願う気持ちは非常に分かる。

でも、何人も子ども産んで、身体の中もしっかり加齢して(ホルモンのバランスが崩れやすいとか、病気が治りにくいとか)、誰がどう見ても、どう言い方を変えても、若い子から見れば「40才のオバチャン」でしかないのに、どうしてそんなに見た目や周りの評価にこだわるんのか、私も同じ女性だが、そういう心理だけはどうにも理解できん。

なんか、この年になって、「30代前半みたいにお若いですね」とか「とても子どもを産んだようには見えない」とか、とても褒め言葉には思えないんだけど。(ガキっぽく見える=未熟、に聞こえる)

オバサンに見られるのって、そんなにイヤかしら。

年取ったものや自分に足りないものは、もはや隠しようがないと思うんだけどなあ。

確かに、まだ40代なのに、顔に覇気がなくて、体型もメタボ丸出しで、下品に見られるのは避けたいと思う。

あるいは、病気や大変な苦労が原因で顔つきも雰囲気も変わってしまい、これではいけない、明るく幸せそうに見られたいと気にする人がお洒落やアンチエイジングに頑張るのは賛成だ。

でも、必要以上に加齢にこだわり、実年齢よりうんと若く見られたいと肩肘張るのって、どうなんだろう。

私も、今でも、小娘みたいなピンクのセーターを着たり、キラキラアクセやキャラ物に萌えたりするけど、年齢より若くキレイに見られたいという思いはほとんど皆無、今さら「女」で人を惹きつけたいとも思わないし、周りに羨望されたいとも思わない。

それより、年相応に見られたい、という気持ちが強い。

「かわいい」とか「キレイ」より、「ああ、やっぱり、女性も40代になると落ち着きが出ていいですね」と言われる方がいい。

40代の「かわいい」「キレイ」って、どこか「幼稚」に繋がるものが感じられて、私はあんまり褒め言葉には感じないです。

*

それにしても、女性向けの40代本って、「キレイでいたい」とか「素敵でいたい」とか、そんなのばっかりね。

同じ年代の男たちが、我が社をどうするか、日本の経済をどうするか、世界はどう変遷するかに頭を使っている時に、女は、自分、自分、自分……のオンパレードなんだもの。

道理で、世の中、男の方が評価が高いわけだ。

ここまで頭の中身や生きる姿勢が違えば、男に偉そうにされても文句は言えないと思う。

『更年期障害と闘いながらアンチエイジング』……それが男女均等雇用法で一気に沸き立ったバブル世代の女たちの着地点なのですね。。

結局、消費、消費で終わって、世の中全体に何も貢献しなかった世代とか言われそう。

ああ……。

*

20代~30代の子がお洒落にいそしみ、「若く可愛く見られたい!」と頑張るのはとても分かるけど、この年になると、年相応の「諦念」をもたないと、恥をかく方が多いと思う。

いまさら若く可愛く見られたところで、失ったものは取り戻せないのだから。

*

「そんなに年を取るのはイヤですか?」と疑問を投げかけたくなる本。書いた人にではなく、こういう本が必要な人に。

著者の米澤さんいわく

「STORY」世代というのは、バブルを体験した女性たちで、未だ「若さ」と「男性」に固執していると思われます。読んでいると、すごいものがありますよね、「宅配便の配達員に素敵な女性と思われるファッションは?」とか(笑)。そんなふうに、まだまだ男性に選ばれることに生き甲斐を見出している世代だと思います。

私の人生の主役は、私です!――仕事も子供も美貌も。大人可愛いブームに見られるように、女たちは何一つ諦めなくなった。
アラフォー世代を中心に女性誌とともに激動してきた女性の生き方を分析。

……ああ、もうお腹いっぱい……。ワタシはもうそこから降りた負け犬です、ワンワン。