親子

子育てを通して、親も『二度目の子供時代』を生き直す ~親子のロールプレイが心を癒やす時

育児に関する言葉で、私の好きなものは二つあります。

一つは、漫画家の田島みるくさんの、「子供は誰に説明されなくても、自分を産んだのが母親だと知っている。『わたし、お父さんから産まれてきたの』という子は無い」。(爆笑マンガ&エッセイ 「出産」ってやつは―あたしたちは聖母だ! (PHP文庫)

もう一つは、ピクサー映画『ファインディング・ニモ』のメイキングで、ジョン・ラセターだったか、アンドリュー・スタントンだったか、どちらの言葉か忘れたけども、「親になるということは、親の気持ちと、子供の気持ちと、両方分かること。子育ては、子供時代をもう一度、生き直すこと」。

育児の場面で、より強く問われるのは、後者の方ですね。

無料公開はここまで

続きを読むにはパスワードが必要です

ここからは有料コンテンツになります。有料マガジン、もしくは電子書籍を購入された方はメールフォームよりお問い合わせ下さい。