荒井由美『さみしさのゆくえ』 ~人生の美しい翳り

たとえば、誰かを傷つけ、望まぬ別れに至ることがある。

ほんの少しの行き違いが雪崩みたいに大きくなり、解り合えぬまま終わったり、心にもない言葉で傷つけてしまったり。

どうして素直に「好き」と言えないのか。

そばに居て欲しいのに、優しさなんて要らないように突っぱねてしまうのか。

過ぎ去ってからやっと気がつく、その人の大切さ。

でも、気付いた時には何一つ、戻ってはこないのだ。

*
 
誰だって、上手に愛せるわけじゃない。

*

でも、別れたり、振られたり、失敗することは不幸なんだ、独りでいるのは恥ずかしいことなんだ、って。
そんな風に思いだしたら、人はいつ愛し方を学ぶのだろう?
 
誰の人生にも翳りはある。 

ただ、それを口に出すか、出さないかの違いなんだ。

悪ぶるわたししか知らず あなたは旅立って行った
お互い自分のさびしさを抱いて それしか持てなかったの

こんなわたしでもいいと いってくれた一言を
いつまでも大切にしてる私を笑わないで

したいことをしてきたと 人は思っているけど
誰にも心の翳りはわかるものじゃないから

残った都会の光見つめて たたずめば
その時 私の中で
ほんとに 何かが終わる

いくつもの痛み、いつまでも疼く苦みを知って、人は本当の優しさがどこにあるか知るようになる。

幸せを感じるには、同じくらいの翳りが必要で、それと静かに付き合える人だけが、人生の美しさに出会える。

恋をしてよかった──と心から思えるのは、いつもそれが過ぎ去ってから。

本当の幸せは、多分、恋の只中にではなく、つい傷つけてしまったあの人の幸せを心の底から願えた時、しみだすような愛しさの中で感じるものなのだと思う。

この曲は本当に美しい。これをユーミンの最高傑作と言う人も少なくない。

おそろしいのは、これが10代の時に書かれたということ。

心がしっとりと泣きぬれる名曲です。

これも名曲ぞろいです。「中央フリーウェイ」「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」「14番目の月」と、ユーミンファンには外せないタイトルが揃っています。
ファンの中にも「荒井派」と「松任谷派」があって、荒井時代を惜しがる人が少なくないのですが、これを聞けば納得です。
ああ、ユーミン、どうしてあなたはそのままで居てくれなかったの?? と、こぼしたくなるような一枚です。

Leave a reply: