仮想VPNでGoogle Analyticsの動作をテストする

カテゴリー:

Google Analyticsをいつもの手順で設置してみたけれど、「いつもとデータが大きく異なる」「正しく計測していない気がする」と感じる事もあるかと思います。
特に、「テーマ・テンプレートを変えた」「新たなプラグインを追加した、もしくは変更した」「子サイトを設置した」等々、大きな変化を加えた時に、問題が生じやすいです。

多くの場合、フィルタを作成して、「自己アクセスを除外する」という設定をされていると思いますが、その場合、Google Analytics独自のテスト機能を使っても、「リアルタイム」に全く反映されなかったり、テストできる範囲も限られていたり、不便な点もありますね。

そこでおすすめしたいのが、仮想VPNを使ったテスト。

決して利口なやり方ではないですが、一時的に仮想VPNを使って「他人のPC」になりすまし、Google Analyticsの挙動をテストすることができます。

インストールと使い方は簡単。

『VPN Gate 学術実験サービス』のページでVPN Gate Clientをのダウンロード し、通常の手順でインストール。

JAPANでも、海外でも、適当に接続可能なVPNを選んで、接続するだけです。

VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー

※もしくは、ブラウザの拡張機能の Free VPN サービスを使ってもOK。OPERAやChromeのエクステンションに幾つかあります。環境によって、上手く接続できない場合もあるようですが。

これで一時的にあなたのPCは仮想的に「県外(海外)にお住まいの別PC」になります。

その上で、自サイトにアクセスし、リンクをクリックしたり、ウィンドウをスクロールしたり、いろいろ実験して下さい。

解析タグの設置が適切であれば、Google Analyticsのリア

ルタイム解析に反映されます。

タブを閉じたり、ページを移動したり、必ずしも、あなたの思う通りに結果を抽出しているわけではないことがよく分かります。

特に「滞在時間」や「直帰率」など、なんでこんな数値になるかなー? と感じるのではないでしょうか。

解析タグの位置や、テーマ・テンプレートの様々なScript、フィルタのかけ方、他のプラグインとの競合、等々で、数値も違ってきますので、どうしても気になる方は試してみて下さい。

Google Analyticsで実験したいこと

仮想VPNを使ったAnalyticsの実験ですが、特に「イベント」を取りたい方におすすめです。

WordPressで、クリックや、スクロールなど、ユーザーの行動を追跡するなら、WP Google Analytics Events がおすすめですが、これも設定の仕方がちょっとややこしいんですね。

計測において一番重要なのが、Element Nameです。

これはお使いのテーマ・テンプレートの、single.php (もしくはそれに相当する「コンテンツ部分のPHP」)の ID か Classを指定するのですが、どのIDに狙いを絞るか、はっきり目安があるわけではないからです。

ちなみに、fancybox-outer は、Google Google Drive Embedderで得られる埋め込み部分のID、entry-contentは記事全体です。

Google Drive(外部リンク)へのクリック数をカウントしたい場合、entry-content でも正確にデータが取れるのか、初心者には分かりにくいですよね。

https://wordpress.org/plugins/wp-google-analytics-events/

そういう場合、2、3の仮想VPNを使って、どのクリックが、どんなデータで出てくるか、試してみると分かりやすいです。(スクロールやダウンロードも同様)

WP Google Analytics Events

やってはいけない事

PV水増しやAdsenseに悪用しない

PV水増しはともかく、Adsenseの不正クリックは絶対にやらないように。

理論上、別のPCになりすまし、クリック収入を稼ぐことは可能ですが、不自然なクリックは必ず審査に引っかかると思いますので、止めた方がいいです。

今まで日本国内のアクセスが90パーセント以上を占めてたのに、突然、アゼルバイジャンやら、モロッコやら、世界各地からクリックされるようになる、って、絶対的におかしいですからね^^; 

不正がばれて、アカウントを停止されたら元も子もないですから、せいぜいテストに留めておきましょう。

日本国内での偽装でも、止めた方がいいですよ。

必ずセキュリティ・ソフトを併用する

言わずとしれたことですが、筑波大学の提供しているVPNだからといって、皆が皆、100%信頼のおけるボランティアとは限りません。

私も一度、500MBぐらいの回線速度を出しているIPを見つけて、接続したことがあるのですが、ヘンなドメインに飛ばされそうになりました。

セキュリティでブロックされて、事なきを得ましたが。

筑波の場合、一定期間のログは残りますし、元々、実験用に開設されているものですから、100%匿名を謳い文句にしている民間の仮想VPNサービスとは勝手が違います。

個々のIPに対して、ちゃんと管理はなされていると思いますが、100%安全とは言い切れませんので、PCのセキュリティは万全の上でご利用下さい。

VPN Gate 公開 VPN 中継サーバーの特徴

Site Footer