WordPressインポートに躓いたら基本に戻ろう

2017年1月13日

何かと評判の悪いWordPressの標準インポート機能ですが、初心に返って、基本の手順通りにやれば、ボリュームのあるサイトの移行も無事に完了しますので、そのTipsです。

何回やっても上手くいかず、有料ツールを衝動買いする前に、参考にして頂ければ幸いです。
(私も隅々まで知り尽くしている訳ではないので、あくまで体験談として)

基本の手順を守る

まずエクスポートファイルを準備します。何も考えずに「すべて」を選択。

WordPress インポート

WordPressも下手に経験があると、インポート前にSQLファイルやXMLファイルに手を加えたり、少しでも時間短縮する為に、先にメディアファイルをアップロードする事もあるかと思います。

でも、絶対にやったらダメ。

インストール直後の状態で、インポート作業を開始する。

これが必須です。

インストール直後というのは、これ。この状態で、いっさい余計な手は加えず、インポートを開始します。

WordPress インポート

経験が災いするエラーの原因。

インポート前にやってはいけないこと

・SQLやXMLのパーマリンクURLやファイル名、語句などを一括変換する。
  → 一括変換はインポート完了後、DB用のReplace&Searchを使って置換する。

・先にメディアファイルをwp-content/uploadsにアップロードする

・テスト記事を投稿したり、タグやカテゴリーを追加する

・バックグラウンドでサーバーに負荷をかける作業をする(ファイル転送や別サイトの編集など)

・インポート前にオプションを設定する

・その他、カスタマイズ

理由。

WordPressのインポート機能は、「まっさらな状態にデータを注入する」ことを標準にしており(サーバー上でXMLをPHPに変換して、データベースに格納する)、その前に余計なデータが入っていると、サーバーの方で混乱して、データの変換や格納に失敗するそうです。

また、添付ファイルのインポートでは、前サイトのサーバーから自動的にファイルを取り込む作業がステルス的に行われます。

その際、サーバーに大きな負荷がかかり、途中で余計な作業を加えると、スムーズな移行が阻害されて、やはり失敗するとのこと。

英語のサイトに書いてあったので、理解不十分かもしれませんが、ともかく、「まっさらな状態で普通に移行作業を行う」のがポイントのようです。

添付ファイルの扱い方

インポート機能には、非常に使い方に迷う「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」というオプションがあります。

ネットで公開されている情報では、「チェックを外す」が推奨されていますが、初回のインポートは手順通りにチェックを入れてインポートして下さい。

お使いの環境によっては、ずらずらとエラーメッセージが出ると思います。

WordPress インポート

WordPress インポート

ここで、焦って、ブラウザのタブを綴じたり、リロードしたり、他の項目をクリックしてはダメ

エラーメッセージが出ても、5分ほど待って下さい。

「完了しました」というメッセージが出なくても、添付ファイルのインポートはステルス的に成功していることがあります。

心配な場合は、別のタブかウィンドウで「メディア」を開いてみて下さい。

順調にインポートが進行していれば、ずらずらとサムネイルが表示されます。

WordPress インポート

サムネイルのトップに、XMLファイルが表示されています。これが画像ファイルを引っ張ってくるわけです。

WordPress インポート

ファイル数にもよりますが、最低でも10分ぐらい、何も手を加えずに待ちましょう。

途中でインポートに失敗する大きな理由は、「エラーメッセージ」に驚いて、タブを閉じたり、画面をリロードすることです。

いったん、サムネイルのアイコンが豆腐化すると、簡単には戻せません。

メディアファイルだけインポートしようと何度試みても確実に失敗します。

メディア系のプラグインを使っても失敗することがあります。

添付ファイルのインポートに躓いたら、いったん、データベースを空にするなどして、「インストール直後」の状態に戻します。

一度でもインポートして、その後に正しいデータを上書きしようとしても、添付ファイルに関しては全く効果がない場合が多いです。

あと、「uploadsフォルダのパーミッションを「757」=その他の書き込みOKにする」「サーバー独自のキャッシュ機能をオフにする」などを試してみて下さい。

もう一点。

前サーバーからファイルを引っ張ってくる際、それがFTPの画面に表示されるまで、若干時間がかかります(リアルタイムではない)。

管理画面の「メディア」ではちゃんとサムネイルが作成され、インポートされている様子なのに、FTPでは何の反応もなし。

WordPress インポート

数分後に現れる ↓

WordPress インポート

FTP上にファイルがリアルタイムに現れないからといって、インポートに失敗したと早合点しないように。

それでも記事やタグのインポートに失敗する

WordPressのインポートに失敗する最大の原因は「添付ファイル」です。

言い換えれば、添付ファイルのインポートに成功すれば、記事、タグ、カテゴリーのインポートはSQLデータを使って割と簡単にできます。

必要なファイルは、

wp_posts (記事の本体)
wp_term (カテゴリーとタグのスラッグ、説明、ID)
wp_term_relationships(記事IDとカテゴリ&タグの関連づけ)
wp_term_meta(カテゴリーの並び順)
wp_term_taxonomy(カテゴリーとタグの説明文、ID)

SQLファイルのデータベース名を、新しいデータベース名に編集。

WordPress インポート

テーブルの接頭辞に変更があれば、エディタを使って一括修正。
マルチサイトの場合、接頭辞に番号が負荷されます。

WordPress インポート

phpmyadminにアクセスして、インポートしたいテーブルをいったん削除します。

図では複数にチェックを入れてますが、実際に作業する時は、面倒でも一つ一つ削除→再インポートを繰り返して下さい。

WordPress インポート

WordPress インポート

データベースのSearch & Replace

元記事のURLを新しいドメインに変えたり、ショートコードを別のものに置き換えたり、データベース内の文字列を一括置換する場合、Serach & Replaceの使用が必須です。

サーバーにアップロードして使用するタイプ。

DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP

こちらに詳しい説明があります。

[blogcard url=”https://www.infoscoop.org/blogjp/2014/08/14/use-search-and-replace-for-wordpress-when-moving/”]

プラグインを利用した一括置換。

[blogcard url=”https://wordpress.org/plugins/search-and-replace/”]

[blogcard url=”https://wordpress.org/plugins/better-search-replace/screenshots/”]

phpMyAdminで直接SQLを走らせる方法もありますが、失敗すると取り返しがつかないので、Dry Run(お試し)のできるツールの利用が最適です。

SQLは正確なのに管理画面がおかしい

タグもカテゴリも、SQLデータは正しくデータテーブルに格納されているのに、管理画面がフリーズして、表示がおかしくなる場合があります。
データが正しいことを確認したら、一度、新しいカテゴリーやタグを作成してみて下さい。

「保存」と同時に、管理画面のフリーズが解けて、きちんと表示されることがあります。

焦ってリセットする前に、試してみて下さい。

バックアップ・ファイルは圧縮形式で

サイト移行前にバックアップは必須ですが、プラグインを使ってバックアップを取る時は、必ず「圧縮ファイル」で抽出するものを選びましょう。

理由は、プラグイン独自の「○○.wbkup」みたいな一塊のバックアップファイルの場合、新サイトでプラグインが動作しなかった場合、復旧不能に陥ること、ファイルの中身を確認する際、独自ファイルは解凍のしようがないからです。

↓ こういうやつ

WordPress バックアップ

私が使った中では、これが一番処理が早くて、種類ごとに圧縮ファイルを作成してくれます。

オンラインストレージへのバックアップは有料オプションになりますが、無料のFTPでも十分使えます。
(エクスポート&インポートの際、FTPの作業時間が長くなるのが欠点)

[blogcard url=”https://wordpress.org/plugins/updraftplus/”]

「theme」「plugin」「uploads」のように、項目毎に圧縮ファイルを作成してくれるので、ファイルの確認や復旧に便利。

WordPress バックアップ

独自ファイルでもいいから、ワンクリックでエクスポート&インポートしたい場合は、これが最強。
無料版では容量制限がありますが、ファイル作成時にURLや文字列の書き換えもしてくれるので、本当にワンクリックでサイト移行が完了します(新ドメインでも楽々)。個人の小規模ブログ向き。

[blogcard url=”https://wordpress.org/plugins/all-in-one-wp-migration/”]

インポートの難易度

サイトの復元やデータベース移行の場合、「同一ドメイン&小規模サイト」ならワンクリックでインポート可能ですが、「大規模サイト」「新ドメイン」「マルチサイト」と、環境が大きく違うと、簡単には移行できなくなります。

WordPressプラグインを調べると、「ワンクリックで移行完了」「新ドメインでも楽々」という謳い文句をたくさん見かけますが、いざ、インストールしてみると、「このオプションは有料です!!」← 困った人の足元を見ている

行き詰まったら、ついつい衝動買いしたくなりますけど、チョット待った。

もう一度、まっさらな状態で、基本の手順通りに進めれば、案外、すんなりインポートが完了することがあります。

かえって知識と経験が邪魔することもありますので、どうしても上手くいかない方の参考になれば幸いです(^^)

You are here

WEB小説 > PCとウェブサービス > WordPressインポートに躓いたら基本に戻ろう