格安レンタルサーバー『ファイアバード』のおすすめポイント

2013年10月2日

数年前、『ネットオウル』というサーバー会社が登場して破格のサービスを始めた時、正直、眉唾ものだったのですが(ネットでもユーザーレビューがほとんど存在しなかった。当たり前だけど)、うちは結局、ここの『ミニバード』で落ち着きました。

その前に、試しで使っていたのが、もうワンランク上位の『ファイアバード』です。

理由は「ファイアバード」から「ミニバード」に引っ越す前、「ミニバード=30GB / ファイアバード=50GB」だったのですが、いつの間にやらミニバードが50GBに容量アップしてたから。
個人のサイトで50GBもあったら十分だし、サーバー代の節約の為にファイアバードからミニバードに引っ越した次第です。



格安レンタルサーバー『ファイアバード』VS『エックスサーバー』でも紹介しているように、意外と使い心地のよいサーバーなので、もう少し詳しく内容を入れておきます。

2013年の情報です。それを前提に参照して下さい。

§ ファイアバードを使ってみようかな、と思ったキッカケ

現在、3つのWordPressサイトを運営しており、そのうちの一つはビジネス用(コマーシャル専用)、残りの2つは趣味のブログです。

いずれも画像を多用するため、あっという間に8GBを超過。これからもどんどん画像、時には動画をアップする予定なので、まず「大容量」が決め手になりました。

今までは、サーバーを気軽に引っ越していましたが、これだけの量になると、サーバーからPCへファイルのダウンロード → ファイル整理 → 新サーバーへアップロード という作業が大変です。

やはり、長く、落ち着いて利用できるサーバーが欲しいので、最初から余裕のある容量を選びました。

次に、複数運営という点。

WordPressでサイトを量産する予定はないので、MySQLも5個あれば足りるのですが、やはりテスト用、緊急用に、空きのデータベースは必要なので、5個ではちょっと心もとないかな、と。

FTPアカウントも、サイトごとに振り分けた方が便利なので、やはり複数開設が必要条件でした。

あとは、コスト。

うちはそこまで込み入った事はしないので、WordPressの機能がスムーズに使えて、サイト運営に支障がなければ、それでOK。

アクセスも1日に1万超えるほどじゃないので、月額500円~1000円で抑えたいところ。

それにハマったのが、『ファイアバード』でした。

§ ホントに使えるのか?

『ネットオウル』という会社自体が新しいせいか(2009年創設)、ユーザーもまだまだ少ないし、ネットでも評価・感想がほとんど見当たらないので、「ホントに大丈夫か?」と不安でしたが、まずは「3ヶ月」の短期契約で試してみたら、これが意外と速いし、使い心地がいい。
同じ「大容量・高品質レンタルサーバー」を謳い文句にしている『エックスサーバー』とほとんど変わらないです。

たとえばFTP転送で見ると・・(当方、海外在住なので、通信環境は日本より落ちます。)

・ファイアバード

ファイアバード

・エックスサーバー

エックスサーバー

Next-FTPを使った転送速度

・ファイアバード

ファイアバード

・エックスサーバー

エックスサーバー

§ サービス内容

WordPressを運営するのに必要な条件は揃っています。複数サイトの作成も、大量生産でなければ十分なサービス内容。

ファイアバード

ファイアバード

ファイアバード

§ サービスの契約とネットオウル・ポイント

上記で紹介した「ミニム」や「ミニバード」といったネットオウル系のサービスは、まず「ネットオウル・ポイント」というのを購入し、それからポイントを使って支払うシステムを取っています。

最初は意味が分かりにくいですが、要するに、後だしでポイント割引する制度です。
私も足かけ4年になりますが、騙された!!感は一度もないです。

ファイアバード

たとえば、「ファイアバード」を6ヶ月契約したとしたら、

初期費用 1050円 + 月額×6ヶ月分 3150円 = 合計 4200円 = 4200ポイント

ネットオウルのサービスを一度も利用したことがない場合、サーバー申し込みの時に、「ネットオウルポイントの購入」という項目がありますので、まずは、そこでポイントを購入します。銀行振込、カード、Paypal、コンビニ決済が利用できます。

この場合、4200ポイントですね。

合計4200円に相当するサービスをポイントで支払えば、残高はいったん「0」になりますが、その後、サービスの利用状況に応じて、ポイントがどんどん貯まっていくシステムになっています。

一番、手っ取り早いのは、サーバーと一緒に『スタードメイン
』を利用することです。

こうして溜まったポイントを、次の契約更新時に使えば、トータルして割安になるわけですね。

ネットオウル・ポイントの仕組み

ファイアバード

ネットオウルのポイントで支払う

ファイアバード

§ まとめ

私がレンタルサーバーを借りるようになった2007年は、まだ「月額500円 / 3GB」ぐらいが主流だったので、「容量無制限、転送量無制限、MySQL100個」みたいな海外格安サーバーを使っていたのですが、2010年頃から、国内サーバーでも「月額300円 / 30GB」レベルの大容量・格安サーバーが増えてきたので、徐々にに乗り換えつつあるところです。

 →海外サーバーに興味のある方は「『BlueHost』『Hostmonster』 申し込み手続き」を参考にどうぞ。

サーバーの容量については、テキスト系サイトなら30GBもあれば十分ですが、フォトギャラリーや動画を多用する場合、WordPressのメディア・アップロード機能を使うと、一つの画像ファイルに対しサムネイルやら中サイズやら数種のファイルを自動的に生成しますので(アップロード画面でコントロールできますが)、気がつくと、ものすごい数の画像ファイルがuploadsフォルダに溜まっていたりするものです。

私も、何度かサーバーの引っ越しを経験した上で言うのでが、WordPress自体のエクスポート&インポートは簡単でも、画像ファイルの引っ越しは数GBになると大変ですし(FTPツールのミラーリング機能を使えばワンクリックで同期してくれますけども、途中でPCの電源が落ちたり、接続が落ちたり、トラブルはありますので)、こんなことで手間をとられるより、一箇所で落ち着いて運営した方がはるかに良いと思います。

とはいえ、WordPressはサーバーと一心同体、レスポンスが悪いと本当に泣かされますから、相性の良いサービスが見つかるまで、何度か引っ越すことにはなるかもしれません。

サーバーを契約する場合のTIPSですが、

  • 最初は3ヶ月ぐらいの短期契約から始める
  • 12ヶ月契約した方が月額は割安なのですが、正直、2週間ぐらいのお試し期間ではサーバーの性能は分かりません。
    新規でWordPressをインストールする場合、どんなサイトでも、最初のうちはサクサク動くからです。
    数ヶ月経ち、いろんなファイルがたまって、アクセスも伸びてきた頃に、いろいろ弊害が出てくるものです。
    それに、自サイトでやりたい事って、一ヶ月ぐらいじゃ分からないですから。
    12ヶ月契約してしまうと、半年ぐらいで具合が悪くなった時、残り半年を我慢しないといけない、ほぼ毎日ブログを更新する人にはかなりのストレスです。
    だから、最初は、少々月額が高くても(200円か300円ぐらいの違いです)、3ヶ月ぐらいの短期契約で始めた方が絶対にいいです。
    途中でイヤになって使わなくなったら、そっちの方が損ですので。

  • 自サイトの目的を明確にする
  • サーバーを借りるなら『多機能』の方が有り難いに決まってますが、結局、使わない機能もありますし、その負荷価値のためにコストを上乗せするのももったいないですから、「最低限欲しい機能」を明確にして、その中で比較検討するのがベストだと思います。

そんなわけで『ファイアバード』は、次の方におすすめです。

・サイトの容量が大きい
・コストは安く抑えたい
・WordPressを複数運営したいが、大量生産はしない。




You are here

WEB小説 > PCとウェブサービス > 格安レンタルサーバー『ファイアバード』のおすすめポイント